So-net無料ブログ作成
検索選択
辺見庸 ブログトップ

辺見庸「神話的破壊とことば~さあ、新たなる内部へ」 [辺見庸]

3・11震災以来、さまざまな人たちがそれぞれの立場から発言をされています。
先日私にしてはめずらしく、『文藝春秋』5月号を購入しました。
柳田邦男、瀬戸内寂聴、曽野綾子、李登輝、石原慎太郎、玄侑宗久・・・など、
各界著名人、多くの識者からの寄稿文が載せられておりぜひとも読んでみたいと思ったから。
そんな中で、もっとも引きつけられた文章は、作家辺見庸によるものでした。

辺見庸氏は、宮城県石巻市出身。
小説家、ジャーナリストであるとともに、最近詩集『生首』で中原中也賞を受賞された詩人でもあります。
一瞬にして変わり果ててしまった故郷を前に語るその言葉ひとつひとつは、心に響くというよりは
むしろ心につきささってくるような激しさとすさまじさがあり、他の誰の文章よりも衝撃的でした。


文藝春秋5月特別号 「緊急寄稿 われらは何をなすべきか 叡知結集41人」
『辺見庸 神話的破壊とことば~さあ、新たなる内部へ』  より

『・・・・友人たちがわたしの生まれ故郷、宮城県石巻市の被災現場からもどってきた。彼らの話と、もちかえった映像は、新聞テレビのそれとはずいぶんちがった。親や兄弟をうしなったかれらは、おもざしも声音も変わり、まるで石化したかのように寡黙になっていたのだ。ある者がそっとつぶやいた。「いっさいが整合しない。事実がすべてばらばらになって、ひとつのことがどうも他と結びつかない」。またあるものはひとりごちた。「事実がどーんとたちあがったけれども、それにみあうことばがない。ことばは事実にとおくひきはなされている」。浜辺にうちあげられた死者たちの映像より、神経系統をそっくりひっこぬかれたような友人たちの無表情、すっかり抑揚をなくした声にわたしはたじろいだ。いったい、なにを見たのか。かれらはなんにちも親兄弟をさがしてあるいた。口をそろえていうには、故郷は地震と津波の被災地というよりは、まるで大爆撃のあとのようだったという。未編集の映像は、たしかにどうながめても自然災害にはみえない。・・・・・(略)・・・・・・どうすればそのような造形が可能になるのか、波に押しながされた十数台もの車がおりかさなってガソリンに引火、つぎつぎに爆発して、しいていえば現代アートのように、そのまま黒っぽい車の塔になっている現場もあった。それはわたしやわたしの妹がよくかよっていた小学校の校庭だった。塔のなかには焦げた死者がすわっていたという。影たちのように。・・・・・(略)・・・・・・・

予感できなかったこと、それを過誤とはよべないか。落ち度といえないか。このたびの破壊の一面はおそらく数値化のまったく不可能な、およそ限度というもののない、いうならば神話的なまでの破壊なのであり暴力であった。それを予感しえなかったこと、措定しえなかったことをあやまちとよぶなら、いま、わたしたちがこれだけの神話的な破壊を叙述することばをさっぱりもちあわせていないことは、さらに救いがたいあやまちであるにちがいない。・・・・・・・(略)・・・・・

こうなったら、荒れすたれた外部にたいし、新しい内部の可能性をあなぐるいがいに生きのべるすべはあるまい。影絵のひとのようにさまよい、廃墟のがれきのなかから、たわみ、壊れ、焼けただれたことばの残骸をひとつひとつひろいあつめて、ていねいに洗いなおす。そうする徒労の長い道のりから新たな内面をひらくほかにもう立つ瀬はないのだ。新たなる内部では、2011年3月11日のまえよりも、もっともっとひととことばの深みに関心を向けようとわたしはおもう。しおさいと讖(しん)と兆しにもっと謙虚に耳をかたむけよう。・・・・・・・・』


テレビや新聞、さまざまなニュースなどの画像映像を通して、
津波や現地の被害がいかにものすごいものであったのかと、
少しは知った気になっていたけれど、本当の姿をわたしたちは見ていないのだと
改めて思い知らされるようです。
テレビでは決して映されていないものがある、
そこにこそほんとうの哀しみ、受け入れられない現実がある。
辺見氏の文章には、テレビなどで流されている映像よりもずっと真実の姿が
生々しく描かれていて、現地の人々の味わっている深い悲しみの一端が
伝わってくるようであり、今回の震災の恐ろしさすさまじさを垣間見る思いがします。

辺見氏は震災後、多くの詩を綴られており、『文學界』最新号(6月号)にも掲載されているようです。
つい最近では、NHKの番組にも出演され、震災について語られたようです。
辺見庸が語る大震災──瓦礫のなかから言葉をひろって──(NHK「こころの時代」)
この番組は4月に入ってから何度か放送されたようですが、どれも見逃してしまいました。残念。。
いつかまたBSあたりで再再放送してくれるといいのですが・・
どなたか、放送の情報得られましたらぜひ教えてください。


番組についての記事を追っている中で、
詳細に文字おこしされている方のブログ発見。
こちらにもリンクし、じっくり読ませてもらうことにしましょう。

shuueiのメモさんのブログより
「瓦礫の中からことばを 辺見庸」
http://d.hatena.ne.jp/shuuei/20110501/1304198241

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
辺見庸 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。