So-net無料ブログ作成
検索選択
柳田國男 ブログトップ

「遠野物語」~日本人が失った大切なもの~ [柳田國男]

今年に入ってから、「遠野物語」について取り上げられた、テレビ番組や新聞コラムを、何度か目にします。偶然なのかと思っていたら、今年は「遠野物語」発刊100周年なのですね。

1か月か2ヶ月ほど前だったか、(たしか・・)NHKだったと思うけど、水木しげるさんが、「遠野物語」の舞台である岩手県遠野地方を、訪ね歩くという番組が、放送されていました。
水木さんといえば、「ゲゲゲの鬼太郎」の生みの親ですから、鬼太郎や目玉おやじなども登場(?)していました。

遠野物語と聞いて、真っ先に思い出すのは、座敷わらしの伝承。
番組の中では、他にも、河童や山の神、「オシラサマ」などさまざまな神さま、姥捨て伝説など、
映像や語りを交えながら、詳しく取り上げられていました。
番組の中で映し出されていた、のどかな遠野地方の風景は、物語の中で描かれている神秘的なイメージを壊すことなく、むしろ古くから伝わる神さまや妖怪、精霊、動物たちなどが今もそこここにいるような、そんな雰囲気さえ醸し出していました。

「遠野物語」は民俗学の父と称される柳田國男氏により書かれたものですが、
この作品は、遠野出身の佐々木喜善の話を、聞きとる形で生まれたのだそうです。
そして、この佐々木喜善は、宮沢賢治や石川啄木とも交流があったのだという。
宮沢賢治も、「自然」や「動物」を元にした作品を多く残していますから、
もしかしたら、お互いにどこかで影響し合っていたのかもしれませんね。
「ヤナギダクニオ」といえば、柳田邦男を思い起こしますが、
私は、何年か前まで、こちらの柳田氏のことをあまり詳しく知りませんでした。
それで、*「ヤナギダクニオ」といえば、民俗学者の柳田國男を思い浮かべていました。
同じ作家で(分野は違いますが)同姓同名というのも珍しいですね。


テレビ番組もなかなか興味深かったのですが、つい最近
地元新聞のサンデー特別版に、「遠野物語」のことが、見開き2ページにわたって詳しく取り上げられていました。
物語の主役たちについて、絵入り、地図入りで、とてもわかりやすく説明されていました。
この特集の中に載せられていた、民族学者である谷川健一氏の文章、「日本人が失った大切なもの」には、次のようなことが書かれていました。



・・・・・・・・(略)・・・・・・・私はかつて民俗学を定義して「神と人間と動物の交渉の学」といったことがあるが、それにはまさしく「遠野物語」の世界があてはまる。・・・・・・(略)・・・・・・・・「遠野物語」の世界には、人間以外のものとの共存、交流することで得られた豊かさがあった。しかし日本人は神を忘れ、妖怪を忌み、獣たちを遠ざけた。柳田國男が世を去ったのは1962年で、日本が高度経済成長期に入る直前であった。その後、日本の社会は経済や技術の面で大きな進歩を遂げるが、引き換えに何かを失った。私たちは柳田國男という存在をかつて必要としたし、今も、これからもきっと必要とすると思う。私たちが失った大切なものは何か。それを知るために、「遠野物語」がある。
(中日新聞7月4日付サンデー版 日本民俗学の金字塔発刊100年 遠野物語より)



今年に入ってから、何度も遠野物語という言葉を目にしたり耳にしたりするのは
もちろん100周年ということがあるからなのでしょうが、
もしかしたら、それだけではない何か、谷川氏のおっしゃっているような何か、
私たちが失った大切なものが何か、そういったものを知るためにも「遠野物語」が
注目を集めているのかもしれませんね。なんとなくそんな風にもおもえてきます。



*柳田國男氏は「ヤナギダクニオ」ではなく、「ヤナギタクニオ」が正しいようです。
「ダ」と「タ」の違いですね。遅ればせながら、訂正しておきます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
柳田國男 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。