So-net無料ブログ作成
検索選択
中島義道 ブログトップ

中島義道さん再び [中島義道]

ネットでニュースを見るようになってから、以前より新聞読む時間が減ってきたように思います。
新聞に大見出しで載ってるようなニュースは、すでにネットで読んでいるため、
新聞の方はちらちらっとみて、中身を読まないということが多い。
テレビも民放など特に、普段は自分からはあまり見ないし(家族とは一緒に見たりするけど・・)
wowowは番組表を毎月送ってくるから、新聞のテレビ欄もそれほど必要ないし。
もう新聞いらないかなぁと思いつつ、それでも、特集記事やコラムなどには
面白い記事も載ってることがあるし、ネットに載らない地元のニュースなども
取り上げられていたりするから、まだ止めてしまうことはできないでいます。
日曜日の読書特集欄も、毎週必ず目を通しています。
この間の日曜日もやはり、このページを開いてみたところ、
「この人この本」の欄に、「難解なカントを丁寧に」とのタイトルが・・
カント?もしかして、中島さん?・・
カントもよくわからない自分だけど、このところ中島義道さんの本を何冊か続けて読んでいたから
カントといえば、条件反射で中島さんの名前がうかんでくる・・というか、この人しか知らない(笑)
それで、見たことのあるひげもじゃの顔写真があったので、やっぱり~!
以前著書のカバーに載せられていた写真よりも、いくぶん穏やかな顔つきのようにみえたのだけど、
気のせいかな?!
紹介されていた本のタイトルは『「純粋理性批判」を噛み砕く』

紹介文より、主に中島さんの言葉らしき部分を抜粋
・・・なぜ今、カントなのか「先の”神は存在するのか”について、デカルトは存在を証明し、カント以後の哲学者は”答えのない無意味な問い”として考えること自体をやめた。しかし、カントは”答えはないが、問い続けていくことが大事”と言った。これは最も根源的な態度だと思う」・・・・・・・・・・・・ネット社会の今、哲学が注目を浴びつつあるという。「ネット検索などで安易に得られる知識は著しく価値が低下した。一方哲学はさまざまな情報を関連づけて考える”本物の知”の獲得を目指す。その価値の高さを理解する人が増えてきた。」・・・・・・

噛み砕く・・とはいっても、入門書のように易しく言い換える手法は一切なく
カントの論理に直球勝負で挑んだもののようですから、
私がこの本を読むことは、おそらくはないと思うけど。
ただ、中島さんの書かれたものは、個性的であくが強いけど、なかなか面白くもある。
今も、『時間を哲学する』と『生きにくい・・・私は哲学病』の2冊を図書館で借りてきて
他の本と並行して読んでいるところ。
直球勝負のカントは難しいそうだけど、素人にも理解できるように書かれたものも
たくさんあるから、もう少し中島さんの書かれたものを読んでいきたいと思っています。

ついでに、これまでに読んだ本についても。
読んでからしばらく時間が経っているので、中身に多少のズレなどあるかもしれませんが。


『どうせ死んでしまうのに、なぜ今死んではいけないのか?』 角川文庫
ちょっとドキッとするようなタイトルだけど、中島さんのところには、自殺願望の若者が
たくさん集まってくるらしいので、そういう人たちを意識した、そういう人たちへの
中島さんからのメッセージともいえるものなのでしょう。
彼自身、子供のころから(なんと6歳のころから)「いつかぼくは死ぬ」にということに苦しみ
「自分の意思でなく生まれさせられてあっという間に死ななければならない」不条理に悩み続けてきたという。
苦しみ悩み考え続けなかなか答えがでない中で、語った言葉は
「きみが死ぬと僕は悲しい。」だから死んではいけない、という論理というよりはむしろ感情に訴えるもの。
一見単純っぽいけど、なるほどとも思える。
自分が死んだら悲しむ者がいると考えたら、自ら命を絶つことなど易々とはできないものです。
だから、むしろ地球まるごと一瞬にしてなくなってしまうならば、誰も悲しむものがいなくて、それであればいいのかもしれないなんて考えもでてくるわけで。
実際、自分も娘をなくした直後は、日本沈没してまるごとなくなっちゃえば楽なのに・・なんてことをちらり考えることもありました。今ではもう願望として思うことはなくなりましたが。。
「死」がテーマとなっていることもあって、全体的に虚無感がただよっているのですが
生きることに徹底的に絶望したことのある人や、生きることの虚しさをとことん味わったことのある人なら、きっとそれなりに興味をもって読めるのではと思います。


『私が嫌いな10の人びと』 新潮社
この本は、ブックオフで目に留まった本で、中島さんのことを知るきっかけになった本でもあります。
以前ブログにも書いたけど、嫌いな人というのが
前向きな人
笑顔の絶えない人
感謝の気持ちを忘れない人・・
と言った具合で、世間一般にはいい人と言われる代表のような人たち。
中島さんは、あえてこのような例を取り上げてみたそうなのですが
実際私も、この”あえて”に目がとまって、関心をもったわけですから
中島さんの戦略は、うまくいったといえるのかもしれません。少なくとも私に対しては・・
読んでみると、世間の常識としてよいとされていることが
知らず知らずのうちに他人に対して押しつけになっていることが多々あるということ。
これは『私が嫌いな10の言葉』と重なるところでもあるのですが・・
常識というだけで、自分自身ではなにも考えることなく感じることなく、思考停止に陥ってしまうこと
それに対して、筆者は厳しく批判しているのです。
一見、いいことなのに嫌いというなんて、なんて偏屈なのかと思わせられるのですが
よくよく読んでみると、その底に流れているものには、なるほどと思えるところもあります。
その一方で、筆者の感性と自分の感性が違うところがあったり
いわゆるいい人を例にあげるのにも、ちょっと無理やりっぽく感じられるところもあったりするけれど。。


『やっぱり、人はわかりあえない』 中島 義道 /小浜 逸郎共著 PHP新書
”ならず者”の哲学者中島氏と”ふつう”を尊ぶ思想家小浜氏。
対照的ともいえる二人が、「善悪」「愛」「幸福」「未来と死」・・・など7つをテーマに
往復書簡と言う形で、議論をかわした、それをまとめたものがこの本。
二人の遠慮ない物言いが面白い。
小浜さんが中島さんのことについて書かれた中で、特に興味惹かれる部分があったので、ちょっとだけ抜粋。
『・・・・・・これは私の勝手な想像ですが、人が駅のプラットホームから落ちてしまったり、意志的に飛び降りたりした現場に中島さんが居合わせたら、きっと真っ先に降りて助けようとするにちがいないと思うのですが、いかがでしょうか。・・・つねづね社会的テーマに対する無関心を表明している中島さんは、ご自分の感性にふれてこない間接的な情報や知識にけっして心動かされることのない「実存主義者」で、ご自分では卑劣漢を気取っていらっしゃるが、身近な関係や目前で起こったことに対しては、普通の善人など到底及ばない「不言実行」のエライ人なのではないかという気もしてきます・・・』
卑劣漢を気取ってるけど、本当は不言実行のエライ人・・・
これは、私も中島さんの本をこれまで数冊読んできたなかで、同じように感じたこと。
めちゃくちゃ変人、偏屈っぽく自分のことを書かれてるけど、
自殺願望の青年を心配し、救いを求めてきた青年を助けられなかったことを心底憂い・・ナイーブで心優しき面がそこここに。
ただ、善に対して完璧さを求めるあまり、私たちが普通善だとおもうことに対しても、その中にあるほんのわずかな濁りも許さないようなのです。この善に対する完璧さというのは、カントの思想から影響されていらっしゃるようなのですが。
完璧な善を求め、さらに思想として考えるだけでなく現実にもそれを追求していこうとされている。
妥協を許さず完璧を追求される姿は、本物の哲学者であるということなのでしょう。
でも、凡人には(もちろん自分含めて)なかなか真似のできないことですが・・
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

”戦うこと”~中島義道「人生を<半分>降りるより」~ [中島義道]

前回書いた中島義道さんの「人生を<半分>降りる」の中に興味をひかれるところがありました。
その中の一つ。「戦い」について語られたところ。
私は10年くらい前からテニスを始め、以来その面白さに取りつかれています。
30度を超す夏の暑い日にも、木枯らしが舞う冬の日にも、お正月と8月以外、年がら年中。。
それから、テニスに限らず、子どもたちのバスケット野球を観るのも好き。
オリンピックやWBCのような国際大会も。サッカーは普段みないけど、WCだけは別。
白熱した試合をするのはもちろん、観るのもとても面白い。
へたなドラマ映画よりも、感動させられる。
スポーツ、あるいは競い合いというのは、私に限らず人を熱中させる魔力がありますね。
普段スポーツにあまり関心のない人でも、今回のワールドカップサッカーに夢中になった人は
かなり多かったようですから、普段見る見ないに関係なく、
このことは多くの人にあてはまるのではないのかと思います。

では、どうしてスポーツや競り合いというのが、これほど人を惹きつけるのか。
中島さんの文章に、これに関わることが書かれていました。

*********************************************
第3章「懐疑精神」のすすめ 「戦い」はわれわれの「自然」である より  L135~

・・・つまり、人間はー文化を完全に廃棄しニシンのように生きることを決しないかぎりー他人を攻撃する衝動、他人に勝りたい衝動を消し去ることはできない。ホッブスは、この衝動をまるごと人間の本性=自然と認めました。

たしかに、世界中で催されているスポーツの祭典を見ますと、ローレンツやホッブスの言うことが正しいような気がしてくる。人間が「戦うこと」を好む生物であることは否定できない。たとえ身をもって戦わなくとも他人どうしの競争を観戦することが大好きな生物であることも否定できません。
 そして、こうした戦いにおいて最も感動的な場面がくりひろげられるのも事実です。例えばテニスですが、私は自分ではまったくしない(できない)のに、そしてルールでさえ完全にはわかっていないのに、よく試合を見ることがあります。・・・・・・・・・・(略)USオープン準々決勝サンプラスVSスペイン人某との試合について・・・・・・・・ 皮肉な目で「テニスが」できるだけじゃないかとうそぶいていた私でさえ、こういう場面になると感動の嵐に襲われる。もう宇宙の100億年の歴史などどうでもよくなってくる。ただ、こにのみ全神経は集中し、サンプラスはほんとうに偉大なのだと信じてしまう。スポーツのみならず、本物の戦争・将棋・音楽コンクールなどあらゆる戦いはこうした魔力をもっております。なぜなのか、それはわれわれの最も深い「自然」だから、というほかありません。
***********************************

中島さんが、テニス観戦されること、サンプラスのプレーに感動されたこと、
ちょっと意外でしたが、でもなんとなく嬉しい気も。。
虚無的なことをよく書かれている中島さんでも、テニスUSオープンみて感動してるんだって(笑)
それにしても、宇宙の100億年の歴史などどうでもよくなる・・っていうのは
かなり強烈に感動していらっしゃるのだなぁ。
でも、そういう私も、熱中してるときには、なにも手につかずにのめり込んじゃってるから
その気持ちはわからないでもないけど。
スポーツなどの競い合いに夢中になるというのも、人の「自然」の性なのですね。
なぜこれほど惹かれるのか、不思議に感じていたのですが
少しわかったような気がしました。
ただ、”戦争”がこの中に入っているのが、なんだか悲しい。
戦争に魔力がある、人が惹きつけられる、そんな風には思いたくないのだけど
でも、人類創世のはるか昔から、これまでの長い間のことを振り返っても
紛争の絶えることがなかったことを考えてみると、
”戦争”でさえも、人の「自然」の性なのだといわざるをえないのかもしれません。


さらに、「戦うこと」について、別の視点から述べられています。

****************************************
気を紛らすこと より  L138~
パスカルは「戦うこと」のもつこの魔力を、少し違った観点から「気を紛らわすこと」と呼び子細に分析しました。彼によれば、われわれが戦いを好むことは、「死ぬこと」をはじめ次々に襲う人生の不幸を「紛らすため」に不可欠のものとして人間が考案したものなのです。だから、その「楽しみ」の裏にはピッタリと「虚しさ」ないし「惨めさ」が貼りついている。
***************************************

気を紛らわすこと・・・・
自分の場合も、たしかにこれはあてはまる。
晴香を亡くした後、しばらくはどこへも出かける気がしなくて、家に籠って
本ばかり読んでいました。しばらくしてから、あまり籠っているとどんどんと
気持ちが塞がっていくように感じてきて、今度はあえて積極的に外にでていくようにしていました。
ただちょっと無理をしてたのか、しばらくの間は、帰ってくると反動でどーっと疲れる・・
という状態が続きましたが。
その後、数か月後には1年以上中断していたテニスを再開。
テニスコートの中でボールを追いかけている間は、夢中になれました。
すべてを100%忘れて・・というわけにはいきませんでしたが、
とりあえずその場で考えることはテニスのことでしたから。
そういう意味では、気が紛れていたと言えると思います。
「思考」というのは、常にやってくるものですから
マイナスの気分の時にはどんどんとマイナスの方向に思考が行ってしまいがちです。
そんなときに、一時的にでも違うことに「思考」が向けられるというのは
自分で自分を苦しいことから逃れさせているともいえるのでしょう。
テニスに夢中になってきたのは、純粋にそのものを楽しむということも
もちろんあったのですが、こうやって振り返ってみると
自分自身の現実からの逃避であったのかもしれない、
そんな風にも思えてきます。

「人生の不幸」や「死ぬこと」などといった大きなことだけでなく、
日常の些細なことがらなどでも、一時離れて、別世界にひたることができる、
スポーツの面白さは、そういうところにもあるのでしょう。
テレビをつければ、民主党が・・自民党が・・角界の野球賭博問題が・・・
いやになって、チャンネルはすぐに、ウインブルドンへ。ワールドカップへと。。
これも、現実逃避の1つなのでしょうね。
でも、ウインブルドンもワールドカップも、もう終わってしまったので
逃避するところがありません。
それで、テレビの出番はすっかり少なくなってしまいました。
本当は、政治の問題などでも、もっと真剣に考えなくてはいけなのでしょうけど。
偏向報道、煽り報道・・有権者を振り回すような報道が多すぎて
今のテレビ放送は正直、あまり見る気がおきません。もうちょっと現実にも
目を向けたくなるような報道を考えてもらえるといいのですが・・

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

中島義道 [中島義道]

久しぶりの記事投稿。
ここしばらく、ウインブルドンやらサッカーやらの観戦に忙しく、
テニスが一段落したところで、今度は溜めこんでいた本を読むのに忙しく
なかなか書くことができませんでした。

溜めこんでいた本というのは、以前ブックオフでセールをやってたときに
まとめ買いしたものが数冊。
それと、図書館で借りた本が3冊。

その中の多くが、中島義道さんの本。
ブックオフで物色中に、ふと手にしたのがこの人の「私の嫌いな10の人びと」
中島氏のいう嫌いなひととは
「常に感謝の気持ちを忘れない人」
「いつも前向きに生きている人」・・・とこんな具合。
これってどれも、世間一般ではよい人、好感を持てる人の代表のような人たち。
それなのに、どうして嫌いというのだろうか。
中島氏は、かなり変わった人なのかなというのが、最初の印象。
で、その時には本を買うこともなく過ぎたのですが、
その後図書館で、中島氏の「狂人三歩手前」「私の嫌いな10の言葉」「人生を<半分>降りる」
を見つけて、パラパラと読んでいたところ、なんだかおもしろそうということで
この3冊を借りてきたというわけなのです。

最初は、随分と偏屈で変わりものというイメージだったのだけど、
読み進むうちに、そのイメージも幾分変わってきたように思います。
むしろ言葉の端々から、この人独特の優しさ繊細さが感じられるところもあったり、
ご自分で書かれているほど悪い人、とっつきにくい人ではないのでは・・と思うようにも
なってきました。
ただ、世の中のマジョリティーに対してマイノリティーである限りにおいては、
変わりものであることには違いないのかもしれませんが。。
そういう点では、私もどちらかというと、変わりものの部類に入るのかも。
みなと同じでなければ、みなと同じ行動をとり、流行となれば行列をなしてみなが同じものを求め・・
(学校給食は拷問に等しかったという記述には、ひどく共感したし。。)
そういうことに対して、とても違和感を覚える自分も、中島氏がいうマイノリティーの要素があるのかも。
だいたい、こういう種類の本を読もうとしたり、なるほどと考えさせられたり、すべてではなくとも共感を覚えたりするのは、世の主流からみれば、すでにちょっと変なんでしょうね、きっと(´_`。)
それでも、中島氏にくらべてみれば、自分もまだマジョリティーの方に入るのかもしれません。
これまであたりまえと思っていた常識も、マイノリティーからみたら、あたりまえではない、苦痛にしか思えないことがあるということ。
数の論理で少数の人の気持ちを理解しない、時には封じ込めたり
押し付けたりしてしまうことが現実には多々あること。
世の常識がすべての人の常識ではないのだということ。
物事の奥深くまで考えぬいたこの人の言葉に、なるほどと考えさせられた部分もありました。

中島氏は、東京大学大学院卒業後、ウイーン留学。電通大人間コミュニケーション学科教授を務めたのち、2009年退職。2008年より「哲学塾 カント」を主宰。
専攻は「時間論」「自我論」「コミュニケーション論」で、カント専門。

私には哲学の素養がないので、「カント」に関する記述部分がでてくると、なにがなんだか
よくわからなかったりするのですが、
「時間」や「善」に関わる記述など、興味をひかれるところもありました。
その中で「善」について少しだけ。
普通善行を行う人は、一般にはよい人であるわけなのですが
中島氏は、善行を行う人の心の中に潜む自負心に対して目を向け、
そして、同時に感謝の言葉を期待してしまう人の心にも触れ、
それはすでに「善」ではないのだという。
それでも、よきことを行わない人はそれはそれで「善」ともいえず
したがって、人はどうしたって「善」ではありえないのだという。
このあたりのことには、「歎異抄」を連想させられます。

中島氏はこのような考えをもっているからこそ、
著書の中で、自分のことを悪ぶって書いてみえるのかもしれないですね。
よい人に思われるなんて、とんでもない!っていうところでしょうか。
彼流の美学なんでしょうね。
その後、ブックオフで購入した本の中に
「どうせ死んでしまうのに、なぜいま死んではいけないのか?」
「やっぱり、人はわかりあえない」
「私の嫌いな10の人びと」
次に読む予定なのだけど、タイトルみるとなんだかひどく暗く虚無的な感じ。
人によっては、中島氏の本は、「死にたくなる」「毒がある」・・
そうですから、向き不向きがあるのかもしれません。
他の本も読んでバランスをとりながら・・・というのがいいのかも。
まぁ、私の場合、生に執着があるかないかは別として、今さら死んでしまいたい
なんて思っているわけではないので、このような本を読んでもきっと大丈夫かなと思いますが。。

そうそう、話は変わりますが、
中島義道さんの本と並行して読んでいるのが
山岸凉子さんの「日出処の天子」
これもブックオフで全巻まとめ買い。
以前池田理代子さんの「聖徳太子」を読み、その後気になっていたシリーズ。
こちらもとてもおもしろくて、読みだしたらとまりません。
3巻の巻末に、山岸さんと梅原猛さんの対談が載っていました。
山岸さんは梅原さんの「隠された十字架」を読んでから、このシリーズが閃いたのだそうです。
この「隠された十字架」は、「水底の歌~柿本人麻呂論」とともに高校時代夢中になって読んだ本。
歴史ミステリーといった感じで歴史好きの自分にはたまらなく魅力的でした。
「日出処・・」も、この梅原さんの作品に影響されたということを知って、なるほど納得でした。
池田さんの作品は、日本書紀に比較的忠実。
山岸さんの作品は、さらにイマジネーションが加わって、読み物としてさらに複雑に面白くなってます。
久しぶりの少女漫画ですが、漫画といっても侮れない、なかなかの大作ですね。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
中島義道 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。