So-net無料ブログ作成
日々のできごと ブログトップ
前の10件 | -

懐かしい・・・ [日々のできごと]

こんばんは
めちゃくちゃひさしぶりです!

前回の記事は8か月ほど前、
ちなみに前々回は、さらにその5か月前。
すっかり放置してしまってます(;´∀`)


このブログも、この秋で10年になります。
長く続いたものですね。

もう更新することもほとんどなく、休眠状態になってます。
閉鎖してしまおうかとか、あるいは新たな形で始めようかとか、
考えた時期もありましたが・・
そのどちらにもならず、おそらくはこれからもこのままになるのかな。。


ここは晴香と私との懸け橋になるところ。
以前のようにちょくちょく書き込むことはないだろうけど、
いつでも寄りたくなったら立ち寄れる、
何か書きたくなったらいつでも書き込むことができる。
そんなところを、やはり残しておきたいから。



少し日が過ぎてしまいましたが、
先月の27日は晴香の27歳の誕生日でした。

ちょうど沙織も岐阜に帰ってきていたので、
一緒にケーキとお花をお供えして、お祝いしました^^


hana.jpg



15歳だった晴香が27歳に・・・
あれからずいぶんと経ったものです。

忙しく過ごすこの頃、
感情をコントロールできず、苦しい思いに押しつぶされるようなこともなくなりました。
日々それなりに楽しく過ごしています。



妹の沙織も22歳。
この春大学を卒業し、社会人になります。
3月の初めには名古屋の下宿先を出て、3年ぶりに岐阜の自宅に戻ります。

高山に単身赴任中の夫は、来年度どうなるのか。。
岐阜に戻ることになれば、ひさしぶりに家族3人が揃うことになります。


家族が戻ってきたときのことを考えて、
このところ毎日のように、自宅の中を整理しています。
とにかくいらないののを処分して、スペースを作らないと・・

物置や押し入れの中の使わなくなったものや、本棚の本、
衣装ケースの中の衣類、、余分な食器などなど

整理していると、懐かしいものが出てきたり・・

先日も、押し入れの奥にしまい込んであった箱を開けてみたら、
アルバムに張り切れなかった昔の写真がでてきました。
子どもたちの小さいころのものがいっぱい。
懐かしくて、一枚一枚見入ってしまいました。


とくにこの嬉しそうな笑顔の写真、
おいしそうなケーキを前に、舌をぺろりとだして可愛らしい~!
懐かしい~!

ケーキ写真1の1.jpg


にこにこぷんのじゃじゃまる、ピッコロのエプロンも懐かしいなぁ。


それから、こんなものもでてきたり・・


eto.m.jpg



こちらは、夏休みの作品として、(たしか晴香が作った?!)干支のマスコット。
私も結構手伝ったような気がする(縫い目を見るとどこを手伝ったのかも・・)


いろいろ思い切って処分してるけど、
これはやはり捨てられないなあ。



こんな具合に、思い出のものがでてくるたびに手が止まり
作業はなかなかはかどりません(;´∀`)




nice!(1)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

26歳の誕生日 [日々のできごと]

晴ちゃん、26歳の誕生日おめでとう!

お父さんは高山、沙織ちゃんは名古屋、
なので、今日はお母さんひとりで晴ちゃんの誕生日お祝いしました^^
ケーキはないけど(ごめんね(^^;))、綺麗なアレンジメントフラワー見つけたよ!
ピンクのチューリップ、可愛らしいよね^^26歳になった晴ちゃんに似合うかな。

晴香誕生日.jpg

写真はまだ小学生くらいのころ。
随分と前のもので、とてもとても懐かしい。

26歳になった晴ちゃん、やっぱり想像できないよ。。



父のお墓参り [日々のできごと]

8月17日父の一周忌もすぎ、晴香の10年目の命日もすぎて、
気がつけば今年も、もうあと1か月とちょっと。
1日はそれなりにいろいろなことがあるのですが、
1週間、1か月とすぎてみると、なんだかあっという間に
過ぎ去ったような感じがします、このところは特にまた。

父が亡くなってからまだ1年とちょっと、
一番身近にいつもいっしょにいた母にとっては、
もっと複雑で、いろいろ思い悩む1年だったのかもしれません。
膝の手術も成功して、痛みもほとんどなくなり、
体が徐々に元気になってきたのとは裏腹に、
心のほうはまだまだ元気にはなりきれないようです。
外に出しきれない、なんともいえない淋しさがあるのではないかなと、
母を見ていて、そんなことも感じられてくる。

実家には車で30分ほどで行けるので、
なるべくちょくちょく顔を出すようにしている。
母娘で、ときどき父の想い出話をしながら、
あれこれおしゃべりすれば、母も気が紛れるだろうから。

そう、悲しさや淋しさは、時間がたってもそうそうなくなるものじゃないから、
かといって、じっと悲しみの中に浸っていては気持ちも塞がるばかりだから、
なにかで気を紛らわせるしかないんですよね。
私もそうだったから。

先日、実家に行った折、父のお墓まいりをしてきました。
命日でもお盆でもお彼岸でもなかったけれど。
なかなかそういう日にぴったり合わせていくことができなかったら、
この日は何でもない日だったけれど、ただなんとなく。

墓地のまえにある大龍寺のドウダンツツジが赤く紅葉していました。

d.doudan.jpg

今年はちょっと赤がくすんでいるよう。
例年はもう少し赤が鮮やかなのだと、母は話していました。
市内でみかけるあちこちの街路樹も、
高山に向かうせせらぎ街道沿いの紅葉も、
今年は、赤くなる前に葉が枯れてしまったりと、
今一つなようです。あまりにもこの夏が暑過ぎたせいなのでしょうか。
来年もし、もっと鮮やかな赤に紅葉していたら、
お寺のお庭のつつじ、拝観させてもらうことにしましょう。

周辺の山の紅葉、お寺の周囲一面のドウダンツツジ、
そして墓地の背後には、如来像もいらっしゃる、
父は綺麗な景色に囲まれた静かなところで眠っています。

10年がすぎ、晴香の納骨もそろそろ考えたほうがいいのかな。
こちらは、父とはちがい、ちょっと離れた山の方になるのでそんなに気軽には
行けなくなってしまうのだけど。。
十三回忌は再来年、十七回忌となるとさらにまたその4年後ということ。
さて、どうしようか。



nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

父の納骨と参議院議員選挙 [日々のできごと]

父が亡くなってから、もうすぐ一年が経とうとしています。
一年を前にして、昨日、父の納骨をしてきました。

昨年の春から夏にかけて、父は病院に入退院を繰り返し、
病と闘っていたのでした。
まだ一年前には、父と話すこともできていたのだなぁと、
今おもうと、なんとなく不思議な気持ちになります。
あれからもうずいぶんと長いこと経ったような、
父に逢えなくなってから、たくさんの時間が過ぎ去ったような、
そんな感覚になります。

父が亡くなった後、冬には母が両膝の手術をし、
いろいろ心配した時期もあったものの、
今では、もうほとんど杖なしで歩くことができるほどに回復しています。
父が生きているときだったら、この母の姿をどんなにか喜んでくれたことでしょう・・
いや、もしかしたらどこかで父は母のことを見守り、そして喜んでいてくれるのかもしれませんが。。

緑いっぱいの山の麓近く、
どこからともなく聞こえてくる、ウグイスの声、
真正面に建つ真新しい如来像に見守られた静かな墓所に、父のお骨を納めてきました。
来週土曜日、今度は一周忌のおまいりをしてきます。


日ごろゼミで忙しくなかなか帰ってきていなかった娘も、
名古屋から帰ってきて、昨日はいっしょにおまいりをしました。

そして、今日は参議院議員選挙の日。
岐阜の候補者はよくわからないと、当初あまり気の進まないようすだった娘を
ひっぱって、いっしょに投票してきました。
偶然なのか、娘と投票した先はいっしょでした。
(ちなみに前回の衆議院選挙の時も、今回と別の党で、同じところに入れてました。
相談したわけじゃないのに、親子って考えがいつの間にか似てくるのかな?)

今回は、これからの方向性を決めるとても大切な選挙、
それなのに投票率は低くなりそうとか、若者の棄権が多いとか、
とても残念なことが言われています。
実際、今日投票所でも、若い人はあまり見かけなかったですね。
もっとも若者は、真昼間などに投票に行かないのかもしれないけれど。

多くの人が投票した結果であるならよいのですが、
あまりにも低い投票率で、これからの日本の方向が決まっていってしまうのは、
なんとも残念でしかたないです。
選挙結果も気になるけれど、投票率もどんなになるのか気になるところですが・・・(;´ρ`)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

母の手術 [日々のできごと]

先週から寒い日が続いていましたが、夕べからまとまった雪が降り、
今朝は、辺り一面の雪景色になっていました。

夏の終わりから秋、そして冬へと、今年は季節の移ろいをゆっくりと楽しむ間もなく、
気がつけばいつの間にか冬になってしまったようです。
年の瀬も間近、慌ただしく一年が終わりそうです。

今年は父が亡くなったということもあり、年賀状を準備することもなく、
新年の行事もおそらく省略・・いつもの年とはちょっとだけ違った年末年始になるのかもしれません。
そしてもうひとつ、大きなことが残っています。

実は、母が今月の半ば過ぎに膝の手術を受けることになっているのです。
長年膝の痛みに苦しみ、リハビリなど行ってきたものの、
なかなか回復が望めず、母は今回とうとう人工関節の手術を決意したようです。
手術後もリハビリのために、しばらく入院しなければならないようです。
お正月もおそらくは病院で迎えることになるのでしょう。

「自分の足でさっさと歩いてみたい。」という母の願いが叶うように、
どうか手術がうまくいきますように。
長期のリハビリも大変だろうけれど、私もなるべく病院に足を運ぶつもりだから、
なんとかがんばってほしい。

父が見守ってくれてるから・・
以前は手術に対する不安を口にしていた母も、
今回は、父がどこかからか応援していてくれる、そんな気がする、と
父の後押しを感じているようです。

亡くなった人は、いなくなってしまったわけではない、
いつまでも心の中に存在し続けているのですね。
母の中にも、父は今もなお間違いなく、居続けてくれてるようです。



nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

突然の訃報 [日々のできごと]

日曜日の夜、近所の知り合いのお通夜へ。
わたしよりまだ若くて、中学生のお子さんが2人。
うちのすぐ向かいのマンションで、このごろぜんぜん姿みないなあとおもってたら・・
病気だったことも知らず、突然の知らせにびっくり。

最後までフツーにすごしたいと、まわりの人に詳しく伝えず、
体調が悪いのにもかかわらず、PTA役員の仕事にもこの秋くらいまで
でてきてたのだという。

彼女との接点は、何年か前にマンションの役員をいっしょにしたこと。
そのときの一生懸命な働きぶりから、
おそらく最後まで、できることを精いっぱいされていったのだろうなあということが
想像されます。

なんだか、いい人ほど早くに逝ってしまうような気がするのは、気のせいなのだろうか?
私のように、気がきかなくて面倒くさがりのダメダメなのは、
自分の意思とは裏腹に、誰よりも長くこちらに留まるのかもしれない・・・

いっしょにした役員の仕事が終わってからは、
会うことも少なくなってしまったのだけど、
晴香を亡くした後、私のことを随分と気遣っていてくれたということ、
人づてに聞いて、彼女の優しさに、改めて涙・・
ありがとう、もう大丈夫だよ、と声に出して実際に伝えることはできないけど・・・

ああ、それにしても、もっといろいろ話しておけばよかった。。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

24歳の誕生日 [日々のできごと]

随分と長いことブログさぼってしまいました。
前回更新から、あと少しで2ヶ月近くになります。
あれからいろいろあって、クリスマスや年末年始があって、
そして2012年も、はや4週間が過ぎてしまいました。
時が経つのは本当にはやいものですね。年をとればとるほど、
まさに加速度をつけてはやく過ぎ去っていくような感じがします。

一昨日の27日は、晴香の24回目の誕生日でした。
この日の夜は、夫も娘も用事があっていなかったため、
晴香と二人だけでささやかな誕生日のお祝いをしました。
4年前の誕生日にこんなことを書いていたのですが・・→http://m-haruka.blog.so-net.ne.jp/2008-01-27
あれから、結局一度も晴ちゃんのためにとアルコール買ってきたことなかったんだった・・
もう24歳だから、元気だったらきっといっしょにお酒飲んでたんだろうなあ、と想像しながら、
この日、ワインで乾杯しました。

winebirthday.jpg

普段、ワインなら赤より白のほうが好きなのだけど、
今回は、勝沼醸造さんの「クラシック」の赤を。
これはさらりとして飲みやすくて、なかなか美味しかったです。
仏壇にもワインとケーキなどをお供え。アルコールってお供えしてよかったのかな?
まあ、仏さまもきっと大目に見てくださるでしょう。

今年晴香のために選んだ曲は、ブラーガの『天使のセレナード』
ぴあんの部屋さんからお借りしたものです。


24歳になった晴香の姿は相変わらず想像できなく、
私の中には、幼い時の晴香や15歳の頃の晴香がいろいろいて、その多くがとびきりの明るい笑顔。
その時々を共に過ごしてきたはずなのに、この頃ではなんとなくぼんやりとしたものに包まれてしまっているよう。
何かの歌詞に、「地上に降りた天使」というフレーズがあったように、
あの子は、もしかしたらほんとうに私たちのもとにやってきてくれた天使だったのかもしれない・・とふとそんな風にも感じられてしまうのはどういうわけなのだろう。。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

近況 [日々のできごと]

先月あたりから日記が滞ってしまいました。
1月から3月にかけて、沙織の受験に加えて家庭の外でも
あれこれと忙しく、なかなか更新できませんでした。
時間的にというだけでなく、なんとなく気持ち的な面でもと言った方がいいのか、
ここしばらく、実にいろいろなことがあって、頭の中がごちゃごちゃしていて、
ゆっくりと文章を書く気持ちになれなかった、そちらの方が大きな理由かも。

2月上旬には沙織の私大受験が続き、25日には国公立の2次試験、
翌日には私立に行った場合に備えて、関西方面まででかけて下宿を確保。
3月1日には卒業式、そして10日には待ちに待った合格発表がありました。

発表の時間、またまたパソコンの前に。
私立のときに続いて、再び母が最後のクリックを・・(心臓に悪すぎ)
どきどきしながら番号を探すと、娘の受験番号発見!
やった~!その場で娘とひしと抱き合う。
夏以降、一生懸命に頑張ってきた成果がだせてほんとによかった(^^)
翌日11日には、合格通知が速達で届くことになっていたのだけど、
午後過ぎになっても届かず、
もしかして、きのうの番号が間違いだった?
と、だんだんと不安になっていたところ、午後2時過ぎころに待ちに待った通知が到着。
二人で再び喜びあい、早速中の手続き書類に書き込んでいたその時。
リビングの硝子棚や電燈がカタカタと音をたて、床もなんだか揺れている。
地震だ、っと思ってからの長かったこと。
この長い気持ちの悪い揺れが、悲劇の始まりだったのですね。

テレビをつけてびっくり。
まるでSF映画を観ているかのような、信じられない映像。
あまりにも酷い、広範囲にわたる被害。
わずかの間に、ものすごく大勢の方が亡くなられてしまいました。
大自然の巨大な力を見せつけられて、言葉もありません。
自然の力の前では、人の力はほんとうに小さなものなのですね。
一瞬にして奪われてしまう人の命、神も仏もない、無常な世界。
命の儚さ、罪なきものが苦しみ悲しむこの世の不条理、
いやというほど味わってきたつもりだったけれど、
今再び思い知らされ、手や足こそは震えてはいないけれど、
体の奥というか心の中と言うか、ずっとガタガタと震えているような感覚がしています。

合格発表の3日後の夜、ディズニーランドへ卒業旅行に出かけるはずだった娘たち。
あと少し早く出発していたら、現地で被災していたかもしれない。
ツアー中止になって、かわりに友人数名でカラオケに行ったけれど、
歌いながら携帯で被災地のニュースなどみて、みんなだんだん元気がなくなり
歌う歌も、だんだん悲しい歌になったのだとか。
カラオケの前に行ったイオンでは、募金箱に500円寄付してきてきたとか。
優しい子どもたちです。
本当だったら、やっと受験が終わって、一番楽しい気分でいられた時期なのだろうに。
それでも、今回のことは、彼女たちにとっても生涯忘れられない経験になるのだろう。
希望に溢れる大学生活、夢いっぱいの社会、という雰囲気ではないのかもしれないけれど、
今のこの混乱を見ながら、本当に大切なものは何なのかを考えていってほしい、
こんな状況の中にあっても、夢や希望を失わないでほしい、と願っています。
そして子どもたちの夢や希望を奪わないためにも、災害にあわれた方々や被災地の支援と共に、
なんとかして原発の事故を収めてほしいと、切に切に願っています
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2011年今年のおみくじ [日々のできごと]

あけましておめでとうございます!
ちょっと前に年が明けたばかりだという気がするのに、もうお正月も終わり、
今日から仕事始めですね。
年々、時が過ぎるのが早く感じられます。

年末年始は、遠出することもなく(ここ数年ずっとそうなのですが・・)
ほとんど家に籠って、映画やスポーツ観戦をしていました。
レンタルDVDやwowowで観た映画、5本。
スポーツ観戦は、箱根駅伝や12月に行われたテニスの録画放送など。
箱根駅伝も白熱した展開だったし、映画もどれもなかなか面白かった。
こちらのブログにはこのところ本の感想を書くことが多くなっていますが、
今回観た映画についても、機会があったら感想などまた書いてみたいとおもっています・・(実現するかな?!)

籠りがちだったお正月ですが、初詣には出かけていき、毎年恒例になっているおみくじも
引いてきました。
いつも行く加納天満宮には、この日なぜか物凄い人が詰め掛けて、門の外にまで
参拝を待つ人が溢れ。。
最後尾に並ぶ気力もなく、早々にひきあげ、かわりにほとんど人のいない近所の住吉神社で
お参りをしてきました。
おみくじは、昨年に続いて「中吉」でした^^

今年の神の教にはどんなことが書かれていたでしょうか。

**********************************
  難儀苦労のある時ばかり神の御袖(みそで)にすがる気か
難儀な時の神だのみ、平素は一向にふり向きもしないで、人の力の及ばぬ苦しみに行き合わすと、俄かに神様神様とさわぎ立てる。神様も可哀想だと思し召し御助けなさって下さるでしょうが、私共は平素から神様を敬い其御心に叶う様正しい行いをしておかねばならぬ。
**********************************

この言葉には、ちょっと苦笑、でも確かにその通りですね。
普段熱心に特定の神様に祈りを捧げるわけでもなし、いつもいつもなにかの神様を意識してるわけでもなし。
だけど、受験がせまったり、病気になったり、年の初めの願い事をするときなど
そういう時になると、俄然神様お願いします!となるのですから。
神様、おっしゃる通りです。すみません・・
でも、神様、そうはおっしゃいますが、後半のこの部分には、ちょっと、いやかなり不満。

「神様も可哀想だと思し召し御助けなさって下さるでしょうが・・・」

神様は、いつも御助け下さるとは限らないのですよね。どんなに頑張ってもどんなに願っても、
助けてもらえないことも、この世の中にはしばしばあるんですよね。
物凄い頑張っても助けてもらえない、一生懸命努力してきたものが何故にこのような目にあうのか
そんな不条理極まりない事例をいくつも見てきました。晴香もそのひとり・・
以前のように神様仏様を恨むつもりは今さらないですが、
それでもやはり、この世界が理解できない納得しきれない不条理に満ちていること
この事実の前には、呆然となって立ちすくんでしまうのです。
そしていつまでたってもなぜに?と問うことがなくなることなく・・
きっと今年もまたこうやってつぶやき続けるのでしょうね。

神様と言われて私がイメージするのは、神社の氏神様とかなにか特定宗教の神様というよりは、
むしろもっと普遍的なもの。
このブログでも、いろいろなところで書いていると思うのですが・・
そういうイメージでの「神」であるなら、以前よりは意識するようになってきたように思えます。
なにか人知の及ばぬ大きな力によって、私たちは生かされているんだというような。
その力の前では、私たちの力も存在もちっぽけなものにすぎないように思われます。
物理音痴の私が、宇宙とか科学の分野にも興味をもったりするのは、こういうことも
関係しているのかもしれません。といっても、この大きな力は、おそらくは
科学の力をもってしても解明されないのでは・・とも思えますが。。
まさに人知の及ばぬわけですから。

今年もまた、いろいろな方面に興味を広げて、たくさんの本や映画と出会っていきたいです。
このブログにお越しくださっているみなさま、迷える私に、アドバイスやコメントなどくださると
とても嬉しいです。今年もどうぞよろしくお願いしますm(_ _"m)

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

姪の結婚式 [日々のできごと]

03.jpg
日曜日、23歳になる姪の結婚式に参列してきました。
結婚式なんて、兄や友人の時以来かな、ほんとに久しぶり。
最近の結婚式披露宴も、以前とは様変わりしてきてるようですね。
ごく身近な人たちだけで、とか
結婚式場ではなく、レストランなどで気楽に、とか
あくまで本人主体の式や披露宴が多くなってきてるのだそうです。
そんな中で、叔父や叔母、従姉妹もみな呼んでいただいて
素敵な式や披露宴に参加させてもらい、感動の場面に立ち会うことができて
とても光栄でした。

なにより、花嫁さんは美しく、幸せそうに輝いていて
見ているこちらにも、それが伝わってきて、
幸せや愛情をおすそわけしてもらったような気持ちになりました。

結婚式は、今風のチャペル式。
バージンロードを、父親である兄が花嫁の腕をとり、一歩一歩歩いていきます。
娘を送り出す父親は、このときどんな心境なのでしょうか。
実は、この日の朝、娘を式場に送り届ける車の中で
突然に涙が溢れ、ハンドルを握りながら前がよく見えなくなるほどだったのだと、
兄は、後から私に打ち明けてくれました。
それまでは、大丈夫だとおもっていたのに、なぜか突然のことだったのだそうです。
花嫁の父親の気持ち、私には想像することしかできないけど、
きっと嬉しいような、そしてそれ以上に淋しいような、複雑な気持ちなのでしょうね。

姪は、晴香と1歳4カ月違い。
晴香が低体重で生まれ、長良病院に入院。
その後、実家にもどったとき、姪は1歳半くらい。元気な盛りでした。
元気で明るく、人一倍好奇心旺盛な子で、そのためか時に危なっかしいことも。。
(本人は面白そうとおもってしてただけで、いたずらをしたという意識はなかったそうですが・・)
壊れそうなくらい特別小さかった晴香に、ボールなどあたらないようにと
そのころは、ベビーベッドのまわりに、網を張ったりしてました。
甥姪のなかでも、一番の年上ということもあり、実家に遊びに行くと
いろいろなアイデアをおもいついては、従姉妹たちを楽しませてくれました。
当時の懐かしい光景が、浮かんできたり。そんな昔のことを思いだしながら、
あの、小さくて活発だった女の子が、もう結婚するんだなぁと、感慨もひとしお。

結婚式に、晴香の写真を持っていこうかとも思ってたのですが、
結局持っていきませんでした。
写真などなくても、きっと晴香はどこかでみているだろう、そんな気がしたから。
魂というものがあるならば、晴香の魂は、きっと大好きな従姉妹を祝福するために
やってきていたにちがいない、そしてこっそりと見守っていたにちがいない
そんな風にもおもえたから。。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 日々のできごと ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。