So-net無料ブログ作成
検索選択

"Tears In Heaven" [音楽]

今朝の中日新聞朝刊、”中日春秋”には、エリック・クラプトンの”Tears In Heaven”のことが書かれていました。
懐かしい・・以前に、何度も何度も聴いた曲だったから。

この曲は、彼の代表作のひとつであり、素晴らしい名曲でもあるのだけれど、
今は亡き彼の息子に捧げられた、切ない歌でもあるのです。
1991年、当時4歳だった彼の息子コナーちゃんは、
米ニューヨーク・マンハッタンにある高層コンドミニアムの53階から転落死してしまったのでした。

コラムの中ほどには次のようなことが・・

・・・・・・・・・・・・・・・・
<もし天国で会ったら、君にはお父さんの名前が分かるかな>
などと語りかける曲には父の無念さがにじみ、胸を打つ。
頽(くずお)れそうな自分を鼓舞するような<お父さんは頑張って生き続けなくちゃならない>
という一節も切ない。
そこに使われている英語は、carry on。継続する、頑張り抜く、持ちこたえる、といったニュアンスだ。
第2次大戦中、ドイツの激しい攻撃にさらされたロンドンでは<Carry on London>が抵抗の標語だった。
今、それをJapanに置き換えてかみしめる。
大震災による喪失はあまりに大きいけれど、私たちは、持ちこたえ、できる部分では「日常」を継続させていかなければならない。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今朝、もう見ないでおこうと思っていたのに、ついテレビで見てしまった・・
小学校に行っていた娘さんが、津波で流され、まだ見つからない。
息子さんは昨日遺体で発見されたという。
想い出のものがないかと、小学校があったところへ、毎日探しに来ているのだという。
報道員が非情にもマイクを向け、ご両親にインタビューをしている。
涙をぼろぼろ流すでもなく、淡々と答える様子が、見ていて余計につらい。
気の毒とか悲しいとかというより、胸が、心が痛い。
自分がかつて経験した感情が、再び蘇ってきたのかもしれない。
どれほどの喪失感の中にこのお二人がいらっしゃるのかとおもうと・・
いや、今はまだ現実を受け止めきれていなくて、茫然自失状態にあるのかもしれない。

橋や道路、家や車は、倒れ流されても、
大変ではあるけれど、再び作り上げることはできる。
がんばって再興しよう!頑張れ!と励ますことはできるのかもしれない。
でも、我が子を一瞬にして亡くされた親御さんに向けては、
頑張れとか、そんなことばは励ましにもならないだろう。

突然の事故で愛息を失ったクラプトンも、絶望や無力感、たくさんの涙の末に、
この曲を作り、I must be strong and carry on.・・・・と歌ったのだろう

今は悲しみに暮れている方々にもいつか、時間はかかるかもしれないけれど、
どうか心穏やかに過ごせるときが訪れますように
私には、ほんとうに祈ることしかできないけれど・・

Eric Clapton - Tears In Heaven
http://www.youtube.com/watch?v=gKlcuEdtGVo&feature=fvsr


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

"Grow Old With Me"~ジョン・レノン最後の歌 [音楽]

ジョン・レノンが残した最後の歌
「Grow Old With Me」
シンプルな歌詞
優しいメロディー
語りかけるような歌声

心に沁み入る曲、
聴くたびに泣きそうになる。

「Grow Old With Me」 by John Lennon
http://www.youtube.com/watch?v=HwImQQUP4P0&feature=related

Grow old along with me
The best is yet to be
When our time has come
We will be as one

God bless our love
God bless our love
・・・・・・・・・・・・・・・・


ジョンが凶弾に倒れる1ヶ月前、
ダコタハウスにて、ヨーコのために歌った作品。
正式な録音はなく、ヨーコの手元に残った1本のテープを元に、アルバムに収録された。

「今も、涙がでるの 私に向かって、こう歌って、そしていなくなった。
彼の最後の歌。 イマジンのように重い歌です」
と、ヨーコは呟く。


一緒に年を重ねよう・・そう歌ったわずか1か月後に、ジョンは帰らぬ人となってしまったのです。
ヨーコはどんな想いでこの曲を聴いたのだろうか。

最愛の人がある日突然いなくなってしまう。
自分が命を失うことよりも、他のどんなことよりももっともつらいことのように思えるのです。

今、悲しみがたくさんたくさん、日本中を覆っている。
地震津波災害の放送を見ていて一番つらいのは、なにより
家族を子どもを亡くして悲嘆に暮れている人たちの姿。
会社に出ていて、もどってきたら家が流され家族の姿が子どもの姿がなくなっていた。
嘆き悲しむその姿は、あまりにも辛すぎて見ていられない。

津波は愛する家族も、家や家財も、想い出のものも、すべてを押し流してしまった・・
目の前からすべてが消え去ってしまった。

いや、すべてが消え去ってしまったのだろうか。
ともに過ごしたたくさんの想い出、大切な人を思う気持ち・・
津波でも押し流すことができないものがあるはず、たとえ形にはみえなくとも。。

ジョンがいなくなってからも、ヨーコは彼の歌とともに、
世界に向けて愛と平和のメッセージを伝え続けている。
彼の魂もまた、ヨーコとともに生き、私たちに向けてメッセージを送り続けてくれているよう。

形はなくとも、目にはみえなくとも、伝わるものがある、
失ってはいないものがたしかにあるんだということを。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

近況 [日々のできごと]

先月あたりから日記が滞ってしまいました。
1月から3月にかけて、沙織の受験に加えて家庭の外でも
あれこれと忙しく、なかなか更新できませんでした。
時間的にというだけでなく、なんとなく気持ち的な面でもと言った方がいいのか、
ここしばらく、実にいろいろなことがあって、頭の中がごちゃごちゃしていて、
ゆっくりと文章を書く気持ちになれなかった、そちらの方が大きな理由かも。

2月上旬には沙織の私大受験が続き、25日には国公立の2次試験、
翌日には私立に行った場合に備えて、関西方面まででかけて下宿を確保。
3月1日には卒業式、そして10日には待ちに待った合格発表がありました。

発表の時間、またまたパソコンの前に。
私立のときに続いて、再び母が最後のクリックを・・(心臓に悪すぎ)
どきどきしながら番号を探すと、娘の受験番号発見!
やった~!その場で娘とひしと抱き合う。
夏以降、一生懸命に頑張ってきた成果がだせてほんとによかった(^^)
翌日11日には、合格通知が速達で届くことになっていたのだけど、
午後過ぎになっても届かず、
もしかして、きのうの番号が間違いだった?
と、だんだんと不安になっていたところ、午後2時過ぎころに待ちに待った通知が到着。
二人で再び喜びあい、早速中の手続き書類に書き込んでいたその時。
リビングの硝子棚や電燈がカタカタと音をたて、床もなんだか揺れている。
地震だ、っと思ってからの長かったこと。
この長い気持ちの悪い揺れが、悲劇の始まりだったのですね。

テレビをつけてびっくり。
まるでSF映画を観ているかのような、信じられない映像。
あまりにも酷い、広範囲にわたる被害。
わずかの間に、ものすごく大勢の方が亡くなられてしまいました。
大自然の巨大な力を見せつけられて、言葉もありません。
自然の力の前では、人の力はほんとうに小さなものなのですね。
一瞬にして奪われてしまう人の命、神も仏もない、無常な世界。
命の儚さ、罪なきものが苦しみ悲しむこの世の不条理、
いやというほど味わってきたつもりだったけれど、
今再び思い知らされ、手や足こそは震えてはいないけれど、
体の奥というか心の中と言うか、ずっとガタガタと震えているような感覚がしています。

合格発表の3日後の夜、ディズニーランドへ卒業旅行に出かけるはずだった娘たち。
あと少し早く出発していたら、現地で被災していたかもしれない。
ツアー中止になって、かわりに友人数名でカラオケに行ったけれど、
歌いながら携帯で被災地のニュースなどみて、みんなだんだん元気がなくなり
歌う歌も、だんだん悲しい歌になったのだとか。
カラオケの前に行ったイオンでは、募金箱に500円寄付してきてきたとか。
優しい子どもたちです。
本当だったら、やっと受験が終わって、一番楽しい気分でいられた時期なのだろうに。
それでも、今回のことは、彼女たちにとっても生涯忘れられない経験になるのだろう。
希望に溢れる大学生活、夢いっぱいの社会、という雰囲気ではないのかもしれないけれど、
今のこの混乱を見ながら、本当に大切なものは何なのかを考えていってほしい、
こんな状況の中にあっても、夢や希望を失わないでほしい、と願っています。
そして子どもたちの夢や希望を奪わないためにも、災害にあわれた方々や被災地の支援と共に、
なんとかして原発の事故を収めてほしいと、切に切に願っています
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。