So-net無料ブログ作成
検索選択

晴香の誕生日と晴香のHP [HP・ブログ]

きのう27日は晴香の誕生日でした。
晴ちゃん、23回目の誕生日おめでとう!
晴ちゃんがいなくなってから、これでもう8回目、
HPやブログを書き始めてからは、6回目の誕生日を迎えることになります。
晴ちゃんとこうやって繋がることができる場所があってよかった^^

思えば、晴香のHP(Memories~Haruka~)を作り始めたのが今から5年とちょっと前のこと。
どんどんと時間が過ぎ去り、思い出が遠ざかっていってしまうような不安な感覚に襲われ、
なにかに思い出を書き留めておきたい、そんな気持ちで夢中になって作り始めたものでした。
最初はネット上に公開するつもりはなかったのですが、友人の勧めで公開するようになってからは
ネット上で知り合いもでき、HPに掲示板をつけていた時期もありました。
でも、日記がわりにブログを利用するようになってからは掲示板もなくなり、
更新も滞るようになり、もうこのごろではず~っと放置状態になってます(^^;)
HPの存在意義はもうないのかもしれないなぁなどと思うこともしばしば・・

それでも、どこからかリンクをたどっていらしてくださるのか、
あるいはブログから、あるいは検索などから、いらしてくださるのか
今でもたまに、HPの感想などを寄せてくださる方がいらっしゃいます。
たいていは子どもさんを病気で亡くされた方あるいは、子どもさんに同じような病気を
宣告された方など。
お子さんへの思いを綴った文章を読んで、自分と同じだと共感を覚え、
なにかほっとするような気持ちになったこと。かつての自分がそうであったように、
もし、晴香のHPをみて、少しでも共感を覚えてくださり、なにかのお役に立てているのなら
それはとても嬉しいことです。

気がつけば、HPのアクセス数が2万件を超えていました。
いつの間にか、こんなにもたくさんの方がいらしてくださったのですね。
これまでいらしてくださった方々に感謝したいとおもいます。
実を言うと、晴香のHPはまだ作成途中の部分があるのです。
晴香との思い出の記録、途中で止まっています。
いつか再び続きを書く時がくるのか、あるいは永久に来ないのか
自分でもわかりませんが。。

晴香の23回目の誕生日によせて、今年選んだ曲です。
昨年は、思い出のピアノ曲の中から、シューマンの『トロイメライ』を選びましたが
今回は、taitai studioさんのオリジナル曲『遠い想い出~nostalgia~』を。
これは、『Memories~Haruka~』の中の、足あとページのBGMとして、ずっと使わせていただいている曲でもあります。
HPには容量の関係で、midiを使っていますが、こちらはそのmp3版で音質もさらによいものになっています。

遠い想い出~nostalgia~  by taitai studio


HPにBGMをつけるときに、自分の中の思いを音楽として表現してくれているような曲をあちこち探し歩き、そんな中で出会った曲、
詩が人の心の中にある思いや感性を表現するものであるように、音楽も人の心のうちを表現するもの
HPのBGMであっても心を伝えるものであってほしい、そんな願いに応えてくれるような素敵な曲です。

最初のころは、共に過ごした日々や、触れた手のぬくもり、頬の柔らかさも声も、
すべてが記憶に新しく、タイトルの遠い日の・・というほど記憶が遠いものではなかったのですが、このごろでは、一緒に過ごした日々の記憶が少しずつ遠くなっていくようで、脳裏に浮かぶ想い出のシーンのひとつひとつが、しだいにセピア色になっていっているようです。
まさに、遠い想い出になりつつあるのです。
胸をかきむしられるような激しい悲しみに襲われることも少なくなり、晴香のことを思い出せば悲しくて淋しくて涙がこぼれることもあるけれど、それでも以前より穏やかな気持ちでかつての日々を思い出せるようになったこと
それはそれでいいことなのでしょうが、しだいに共に過ごした日々が現実世界から遠ざかっていくような、まるで夢の世界での出来事であったかのように、夢と現実とがはっきりと区別がつかなくなっていくような、そんなもやもやっとした中で思いだされるようになったこのごろが、なんだかやけに淋しくもあるのです。

hana.jpg
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

受験生の母 [家族]

高校3年の娘沙織は、今年大学受験生。
今はセンター試験の真っ最中。

天気は荒れ模様の予報、あちこちでインフルエンザやらノロウイルスやら、
マイコプラズマまで流行っているとのニュースが流れ、
本番当日まで気の抜けない日々でしたが、今朝、
無事に会場まで送り届けたときには、ホッとしました。
明日は、今日よりさらに気温が下がり、早朝から雪予報が出ていますが
もう1日、何事もなく無事に会場まで送り届けることができますように。

子どもが受験というと、大抵は「たいへんだね~」
という言葉が返ってきます。
ところが、先日知り合いの先輩お母さんから、
「いい時やね~。」という言葉が返ってきて、ちょっと驚きました。
こんな風に言われたことは、初めてだったから。

でも、よくよく考えてみれば、娘といっしょに受験に向かって
あれやこれやとこれまでやってきたすべてのことが、
ちょっぴり緊張感を伴った、今しか味わえない特別な時間でもあったように思えてきます。

部活を引退した後、夏休みを前に、書店に出かけていっしょに問題集を選んだこと。
模試の結果に一喜一憂したこと。
インターネットで受験校の日程など調べたり、最終的にどこを受験しようかと、
あれやこれやと言いながら、いっしょに決めていったこと。
年末まではずっと学校に遅くまで残って勉強していたこともあって、
家にいる時間は少なく、受験生の親として、ちょっと拍子抜けするくらいだったけれど、
年明けから、家で勉強することがグンと増え、ようやく受験生と密着した雰囲気に。
時々寒いからとリビングにやってきて勉強を始める娘。倫理の資料集をいっしょにながめて
ああだこうだと語り合うのも楽しいもの。
今時の高校倫理の資料集はなかなかおもしろいけど結構難しい。
あの難解なカントやヘーゲルがわずか2ページの中に凝縮してまとめられているのだから。
今朝一番最初の科目は、その「倫理」。理科社会が弱点だけど、なんとか力を出し切ることができたかな。今日は、どんな顔をして帰ってくることやら。
どんな結果になろうとも、受け止める覚悟をして待っているよ。
でも、できればやりきった明るい顔で帰ってくることを願っているけれど。。

娘とともに、受験に向かったこの半年あまり。
センター試験が終わっても、まだしばらく受験は続くけれど、
娘を通して自分自身もまた、過ぎ去った高校時代を、大学受験を再び経験させてもらっているのかもしれない。
そして、もう一人の娘、晴香とともに経験するはずだった高校生、受験生の母
経験できなかったことを、妹の沙織と共に、今経験させてもらっていると言えるのかもしれない。
晴ちゃん、さおちゃんは今がんばってるよ。見ていてあげてね!

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2011年今年のおみくじ [日々のできごと]

あけましておめでとうございます!
ちょっと前に年が明けたばかりだという気がするのに、もうお正月も終わり、
今日から仕事始めですね。
年々、時が過ぎるのが早く感じられます。

年末年始は、遠出することもなく(ここ数年ずっとそうなのですが・・)
ほとんど家に籠って、映画スポーツ観戦をしていました。
レンタルDVDやwowowで観た映画、5本。
スポーツ観戦は、箱根駅伝や12月に行われたテニスの録画放送など。
箱根駅伝も白熱した展開だったし、映画もどれもなかなか面白かった。
こちらのブログにはこのところ本の感想を書くことが多くなっていますが、
今回観た映画についても、機会があったら感想などまた書いてみたいとおもっています・・(実現するかな?!)

籠りがちだったお正月ですが、初詣には出かけていき、毎年恒例になっているおみくじも
引いてきました。
いつも行く加納天満宮には、この日なぜか物凄い人が詰め掛けて、門の外にまで
参拝を待つ人が溢れ。。
最後尾に並ぶ気力もなく、早々にひきあげ、かわりにほとんど人のいない近所の住吉神社で
お参りをしてきました。
おみくじは、昨年に続いて「中吉」でした^^

今年の神の教にはどんなことが書かれていたでしょうか。

**********************************
  難儀苦労のある時ばかり神の御袖(みそで)にすがる気か
難儀な時の神だのみ、平素は一向にふり向きもしないで、人の力の及ばぬ苦しみに行き合わすと、俄かに神様神様とさわぎ立てる。神様も可哀想だと思し召し御助けなさって下さるでしょうが、私共は平素から神様を敬い其御心に叶う様正しい行いをしておかねばならぬ。
**********************************

この言葉には、ちょっと苦笑、でも確かにその通りですね。
普段熱心に特定の神様に祈りを捧げるわけでもなし、いつもいつもなにかの神様を意識してるわけでもなし。
だけど、受験がせまったり、病気になったり、年の初めの願い事をするときなど
そういう時になると、俄然神様お願いします!となるのですから。
神様、おっしゃる通りです。すみません・・
でも、神様、そうはおっしゃいますが、後半のこの部分には、ちょっと、いやかなり不満。

「神様も可哀想だと思し召し御助けなさって下さるでしょうが・・・」

神様は、いつも御助け下さるとは限らないのですよね。どんなに頑張ってもどんなに願っても、
助けてもらえないことも、この世の中にはしばしばあるんですよね。
物凄い頑張っても助けてもらえない、一生懸命努力してきたものが何故にこのような目にあうのか
そんな不条理極まりない事例をいくつも見てきました。晴香もそのひとり・・
以前のように神様仏様を恨むつもりは今さらないですが、
それでもやはり、この世界が理解できない納得しきれない不条理に満ちていること
この事実の前には、呆然となって立ちすくんでしまうのです。
そしていつまでたってもなぜに?と問うことがなくなることなく・・
きっと今年もまたこうやってつぶやき続けるのでしょうね。

神様と言われて私がイメージするのは、神社の氏神様とかなにか特定宗教の神様というよりは、
むしろもっと普遍的なもの。
このブログでも、いろいろなところで書いていると思うのですが・・
そういうイメージでの「神」であるなら、以前よりは意識するようになってきたように思えます。
なにか人知の及ばぬ大きな力によって、私たちは生かされているんだというような。
その力の前では、私たちの力も存在もちっぽけなものにすぎないように思われます。
物理音痴の私が、宇宙とか科学の分野にも興味をもったりするのは、こういうことも
関係しているのかもしれません。といっても、この大きな力は、おそらくは
科学の力をもってしても解明されないのでは・・とも思えますが。。
まさに人知の及ばぬわけですから。

今年もまた、いろいろな方面に興味を広げて、たくさんの本や映画と出会っていきたいです。
このブログにお越しくださっているみなさま、迷える私に、アドバイスやコメントなどくださると
とても嬉しいです。今年もどうぞよろしくお願いしますm(_ _"m)

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。