So-net無料ブログ作成

「おくりびと」 [映画]

8月に入ってすぐ、wowowで放送された「おくりびと」を観ました。
アカデミー賞外国語映画賞を受賞した、あの話題の映画です。
「おくりびと」を観て、そのあと「納棺夫日記」を読んで、日記にも書いておきたいとおもっていたのに
なかなか書けないでいるうちに、1か月以上も過ぎてしまいました。

実は、この映画がまだ封切られる前、テレビに出演していた本木くんの語ったことが
とても印象に残り、それ以来ずっと気になっていました。
それは、彼がインドを旅した時に見た、ガンジス河を流れて行く遺体にまつわるエピソード。
多くの人が沐浴をしている脇を、遺体が流れて行く・・これはどういうことだと、ものすごい衝撃を
受けたとのこと。
それ以来、人の死とはなんなのかということが、頭を離れなくなった。。
そして出会った本が、「納棺夫日記」
この本を何度も何度も読み、ぜひこれを映画にしたいと思うようになったという。
そう思い始めてから、かなりの年数が経ったというのだが
内容的にも映画化するには難しそうなものであることから、果たして実現ができるのかどうか
わからない現実のなかで、ずっと長い間思い続けてきた本木くんの熱意は、ほんとにすごいものに
思われました。
それに、まだ若く、アイドルとして持て囃されるような立場にある彼が
どうしてこのような重いテーマの作品を映画化したいと思うようになったのか。
それも、長い年月をかけて一途に思い続け、幾多の困難を乗り越えついに実現させてしまった。。
その情熱はどこからきたのだろうか。
それほどまでに、若い彼を引き付けたものはなんだったのだろうか。

と、そんな疑問が湧いてきて、この映画についてもずっと気になっていたわけです。
それなのに・・・
映画が封切られてからも、アカデミー賞を受賞してからも
何故だか映画館に足を運ぶことなく、1年近くが過ぎてしまっていました。
気になりつつ、なんで観に行かなかったのだろうか。。
もしかしたら、映画館という場所ではなく、ひとりひっそりと観てみたいという思いが
どこかにあったのかもしれません。
あと、これまでにも映画化やドラマ化されたときに、原作との違いを感じて
がっかりしたことがあったので、そういう躊躇いもどこかにあったのかもしれません。

ともあれ、1年近くたって、やっと観ることができたわけです。
長年思い続けてきただけあって、本木くんの演技には思いがたくさんこめられているように見えたし
実際、大変な熱演だったと思います。
他にも、脇を固める役者さんたち、とくに山崎努さんや笹野高史さん、余貴美子さんなどの
演技も個性が光っていて、映画をさらに深みのあるものにしていたと思います。

雄大な山形の自然を舞台に、本木くん演じる大悟が弾くチェロの調べも映画の魅力を
引き立たせていました。
日ごろ目を背けがちな「死」というものが、誰にでも訪れる身近なものであるということ
それに携わる人たちに対して、人々がいかに偏見をもっているのかということ
送る人、送られる人、そこにはあたたかな絆があるということ
多くの人がこのような感想をもたれたようですが、私もまた同じようなことを感じさせられました。

それとともに、山崎努演じる社長がフグの白子を食べながら呟いた、
「旨いんだよなぁ、これが!困ったことに・・・」
この言葉が、この場面が、どうしてだか、とても印象に残っているのです。
他にも、本木くんの、渾身の演技である納棺の儀式とか
笹野さんの、火葬場で「行ってらっしゃい。」「また会おう。。」とお別れする場面とか
心に残る場面はたくさんあるのに、なぜ白子を食べる場面が目に焼き付いて
山崎努のこの言葉が、耳に残って仕方がなかったのか。

「白子も死体だ」と言いながら美味しそうに食べる社長。
死を忌み嫌うものとしながらも、他の命をいただいて生きている私たち。
この場面からは、「生」というものが「死」を内在するものであって
「死」とまるで関係のないところにあるものではないということ。
なにかそのようなことを、象徴しているように思われてくるのでした。
「死」を描くことでよりいっそう「生」というものがくっきりと
浮かび上がってくるような、そんな風にも感じられました。

最後にもう一つ心に残った場面
※社長が、亡くなった奥さんをしっかりと見送ってあげられなかったことを悔やんで
大悟にぼそっと、呟くところ。
愛する人の最期のときには、綺麗にして見送ってあげたい
ほとんどの人は、そう願うのだろうけれど、この作品の中の社長も
そしてあとから読んでわかったのだけど、原作である「納棺夫日記」著者の
青木さん自身も、つらい死別体験を持ってみえ、ちゃんとお別れをすることが
できなかったという後悔の気持ちが、心の中にあるようでした。
だからこそ、このような納棺夫という仕事に対して、意味を見出してみえたのでは
ないのだろうか。
納棺夫、なかなかできる仕事ではないと思う。
自分自身ができなかったこと。後悔の念・・・そういうものが、この仕事を続けていく
原動力になったのではないだろうか。
そんな風にも思えてきたのでした。

晴香の最期のときは、病院にいたということもあって
看護師さんたちが、身体を清め、髪を洗い乾かして、とてもとても綺麗にしてくださいました。
高熱に苦しめられていた時とうってかわって、顔の表情はとても穏やかで
梳かしてもらった髪は、少し茶色がかってサラサラとして綺麗だった。。
色白の顔に、とじた瞼には重たいほどの長い睫毛が。
あのときの、穏やかで美しい晴香の表情は、今でもときどき脳裏に浮かんできます。
死者を綺麗にして送りだすというのは、きっと残された者たちのためにすることなのでしょう。

それにしても悔やまれるのは、あのときのサラサラの髪を、
なぜ少しでも残しておかなかったのかということ。
気が動転していて、そのようなことに気がまわらず、あとになって後悔。
今となっては、もう遅いですね。心の中にイメージとして思い浮かべていくしか仕方がないですね。

この映画をみてから、次に「おくりびと」の原作となった「納棺夫日記」を読んでみたくなりました。
こちらの感想は、次回に。

・・・今さっき知ったのですが、明日の夜、地上波で「おくりびと」放送されるようですね。

※さきほど放映された映画を、もう一度観ていたのですが、この部分勘違いでしたね。
社長の奥さんは、送られる人第1号だったとのこと。
この映画を観たあとで読んだ「納棺夫日記」の著者青木氏の
辛い死別体験と、社長の体験とが、重なって
自分の中のイメージが磨り変わってしまっていたようです。
青木さんも書いているけど、納棺夫を仕事とするようになったのは
何かに導かれた一定の流れだった。。と
そのようなことからも、弟妹をちゃんと見送れなかった経験は
「納棺夫日記」の中でも見逃せない部分だと思うのですが。。
この本が原作になっているにしては、どうしてこの部分
かえてしまったのかな。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

秋の空 [日々のできごと]

今年の夏は短かったですね。
昨年が猛暑だったせいか、今年の夏が、よりいっそう涼しく感じられました。
9月も半ばになり、日中こそはまだ日差しもそこそこ強かったりするものの
朝晩は、めっきり涼しくなってきました。
夜になると、虫の音があちこちから聞こえてきます。すっかり秋ですね~
昨年よりも、秋の訪れが早いように感じられます。

写真は、1週間ちょっと前のもの。
雲の様子がおもしろくて、ベランダから撮ってみました。

モコモコ綿菓子のような雲
雲の切れ間からのぞく真っ青な空が印象的!
autumnsky2.jpg

厚い雲から漏れてくる陽の光がちょっと神秘的に感じられ、
しばし見入ってしまいました。
autumnsky.jpg

ちょうどこの写真を撮ったころのこと
友人のTさんが、息子さんと一緒に、晴香のお参りにきてくださいました。
息子さんは、晴香の同級生で、関東地方の大学に行ってみえるのですが
今は夏休みで帰省中とのこと。
わざわざ母子で訪ねてくださいました。
6年もたつのに、今もなお気にかけていてくださって、ありがたいことです。

晴ちゃん、よかったね!
yuri.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。