So-net無料ブログ作成
検索選択

陸田真志 [ニュースより]

先日、宮崎死刑囚他3名の死刑が執行されました。
最初このニュースをみたときに感じたのは
もうあれから20年もたつのか・・ということ。
当時、この異様な事件に衝撃を受けたものでした。


ところで、このニュースの中で、宮崎勤以上にはっとおもった人物の名前がありました。
陸田真志死刑囚。
日記の中にもちらりと書いていますが・・
あの池田晶子さんと往復書簡をかわし
「死と生きる~獄中哲学対話~」の共著者となった人。
1998年に強盗殺人の罪で死刑判決を受け、
その後池田さんの進言もあり、控訴していました。
あれ以降、どうなったのかなとおもってたのだけど。
ニュースによると、2005年に上告が棄却され、死刑判決が下されてたようです。
その2年5ヶ月後にというのは、最近の例からいっても随分早急な刑の執行におもえるのですが・・

ある情報によると、彼は本を出版後も、
刑が下された後にも「自分には時間がない・・」と寸暇を惜しんで、書き続けていたらしい。

生前、池田晶子さんは陸田被告について、つぎのように書かれていました。
「死刑という極限状態に置かれて彼の思考は追い込まれ、ついに生死を超越した。もう生への執着はなく、死刑確定も平常心で受け止めるだろう」と。

あの当時にして、このような心境にあった彼が
その後、獄中で思索を続け、書き綴っていったものが
どのようなものだったのか、
読めるものなら読んでみたいとおもうのだが。
本として、出版されることはあるのだろうか。

nice!(1)  コメント(10) 
共通テーマ:ニュース

生きがいの創造 [本(その他)]

少し前から読んでいた、飯田史彦氏の「生きがいの創造」 やっと読み終えました。
以前、この方の著書「ツインソウル」については日記にも書いたことがありますが。。
そのときにはツインソウルとか、自分の生涯をあらかじめ設定してから人は生まれてくる
というあたりのことが、どうも受け入れられなくて、ちょっと批判的なことも書いたりしてました。
今回、最初からそういうものかなとおもいながら読み始めたせいか
以前のように、いやだなとおもうこともそれほどありませんでした。
それよりも、著者自身がわりあい冷静な立場で書かれていること
前回のツインソウルよりも、いろんな人の事例をもちだして
科学的に(ということになっています。。)検証されていること
真偽のほどはわからないけど 、読み物として、おもしろかったです。
それに最近、物理学者とか数学者の立場で
異次元の存在について書かれているものを、ちょっとみたりして(しっかり読んで理解するほどの知識も理解力もないので。。覗き見程度)
いわゆる肉体としての死後の世界というものがあっても、おかしくないのでは
とおもったりしているので。
余計にこういう読み物についても、案外こういうこともあるかもしれないなあって
いろいろ想像しながら、楽しむこともできました。

魂があって、今の自分の体はこの物質世界での借り物であり
肉体の死とともに、魂は体を離れ、別次元の世界に帰って行く。
魂は永遠であり、また生まれ変わる。
今の親や子ども夫婦はまたいつか別の体をもって、生まれ変わる。
そして再び出会い、成長するために経験を共にする。。
人は、死んだらおわり・・と考えるよりは
こんな風に想像し、魂の存在を意識して生きていくほうが
なんとなくロマンがあって、おもしろいですね。
それに、もしそうだったら、亡くなった人ともまたいつかあえるわけですから。
晴香もどこかで魂として存在しているわけで。。

まあ、本当のところは、自分が死んでみないことにはわからないのですけどね。
そうそう、そんなこと書きながら、死というのは存在しないのでした。 (池田さんも常々おっしゃっていることですが。。)
もし、死んだら「無」になるのならそれを認識する自分はいないのですから
もし、死んでもいわゆる魂のようなものは残るのなら、それは死ではないのですし。
「死」というものが存在しないと考えると
今生きていることに対しても少し考え方が変わるように思えます。

どっちにしても、生きてる間にはわからないことなのだから
どういう風に考えても、その人の自由でいいんじゃないのかな
って今は、そうおもえます。
飯田さんは、TVなどによく出演している方々のように
押し付けがましくないところがいいですね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。