So-net無料ブログ作成
検索選択

今年もあとわずかに [思うこと]

今年も残すところ、あと1日と数時間になりました。
ブログの記事が前回で99に。
これは、今年のうちに100にしておかなくちゃ
ということでこうやって、今日記を書いています。

このブログを始めたのは、2005年の11月だから
2年で、100件の日記を書いたことになります。
1年でいうと50件。2年たった今も、始めた当初以上に
のんびり気まぐれモードです。

晴香がいなくなって、これで4回目の年越し。
1年1年、自分を取り巻く状況は変わってきているし
自分自身の気持ちもまた、少しずつ変わってきているようです。
どこがどんな風に・・・というと、うまく言えないし、言えたとしても
正確に説明するには、ものすごく長くなってしまいそうなので
今ここにすべてを書くことはできないのですが。。

ただ昨年や一昨年にくらべ今年は、
比較的ゆっくりすごすことができたようにおもいます。
この”ゆっくりすごす”ということが、以前はなかなかできなかったのです。
悲しくつらい気持ち、寂しい気持ちを紛らわすように
以前は、やたらと忙しく動き回って・・ちょっと空白の時間ができると
どっと、いろんな感情が押し寄せてきて。。
だから、”ゆっくりすごす”ことができるようになった今の自分は
気持ちの上で、かわってきたといえるのでしょう。

来年の今頃は、どうなっているのだろうか。
自分を取り巻く状況もいくらかは、きっと変わっていることだろう。
自分自身の気持ちも、どこかは変わっているのかもしれない。
どうかわっていくのかは、今の自分にはまるでわからないけれど。。
どんな風にかわっていくのか、少し楽しみでもあります。
ネットや本などにもまた、なんらかの影響を受けることでしょう。
今年は、どんな本、どんな言葉と出会えるだろうか
こちらもまた、楽しみであります。
実は今もあれこれと、いろんな本を読みかけているのですが・・
本の話題は、また来年”ゆっくりと”。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

友人との別れ [思うこと]

プリンターの具合が悪くてスムーズに印刷ができず、
予定より遅れてしまったけど、きのうようやく年賀状投函してきました。

最近は年賀状の裏も表もPCまかせになってきて
いちいち宛名書きすることもなくなって、随分便利になりました。
印刷する前に、喪中はがきをみながら、”印刷する”のチェックを外していきます。
この年くらいになると、ご両親のうちのどちらかを亡くされたという家が
毎年何軒かあります。
そんな中で一人、私より3歳も若い友人が。
大垣に住んでいたころ、いっしょに子育てをした仲間の一人でした。
今年9月に、病気で亡くなってしまったのでした。

その知らせはあまりにも突然で、知らせをもらったあとも葬儀のあとも
しばらくの間気持ちが重く、体調も気のせいか思わしくない時間が続きました。
数年前に、癌を患って回復されたとはいえ、再発の危険はあったのに
なんで、もっと連絡をとって、会ったり話したりしなかったのかと。
電話でもいい、手紙でもいい、方法はいくらでもあったのに。。
あれこれ悔いる気持ち
再発のこともまったく知らなかった自分を情けなくおもう気持ち
それと、お別れも言えなかった・・・知らせてもらえていれば・・という気持ち
突然に別れることのつらさを味わいながら
晴香のときのことが頭をよぎりました。

晴香の同級生の子たちには、最後まで病気のこと、詳しく話しませんでした。
ただ具合が悪くて入院している、と言う程度にしか。
それは、晴香に告知をしていなかったということが、大きな理由なのですが。
亡くなった晩、自宅に会いに来てくれたお友達はみな
あまりに突然のことに、驚きとショックが大きかったようでした。
「そこまで悪かったなら、どうして知らせてもらえなかったのか。」
とおっしゃった親さんもみえました。
そのときは、自分も混乱していて、うまく答えられなかったような気がするので
きっと、その後もなんで、という思いでみえたのかもしれません。
あの時は、自分の立場でしか考えられなくて
友人のおもい、その親さんの言葉
あのときの自分はどこまでわかっていたのかなと。
今は、お友達の気持ちがわかる。
突然の別れは寂しすぎるから。辛すぎるから。
せめて最後に言葉を交わせたなら。せめて感謝の気持ちを伝えられたなら。
そんな思いが今は、痛いほどわかる。
やはり、自分がその人の立場にならないと、その人の気持ちをほんとうにわかることって
難しいのですね。

30代で亡くなった友人。40代で亡くなった友人。
みななぜか純粋で心優しい人ばかり。
きっと、この世での役割を果たし終えて、別の世界に旅立っていかれたのですね。
いまだに自分の役割を果たし終えてない、未熟者の私は
まだまだこの世界に踏みとどまって、いろいろ経験をしなさいということなのでしょう。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今年を象徴する漢字 [ニュースより]

今年を象徴する漢字、大方の予想通り「偽」でしたね。

耐震偽装にはじまり、食品偽装、年金問題、大臣の偽証言・・・
今年は、いろいろなところで、嘘が暴かれ、
いかに「偽」ものが世の中にはびこっているか
痛感させられた年でした。

それにしても、「偽」が今年を象徴する漢字とは
なんともなさけない限り。。

それで、もうちょっと響きのいい漢字「真」を
私はあえて、選びたい。
「真」は「偽」の反対語で矛盾するようだけど。

考えてみれば、「偽」ものに騙されていたのは、今年にはじまったことではないんですよね。
むしろ何年間も騙され続けてきたことが 、
今までは、表ざたにならなかったことが、
今年になっていろいろ明らかにされてきたということ。
世の中の真実が明らかになった年。
そう考えれば、闇の中に隠されていたときよりもマシなのかもしれない。
そして、真実が明らかになることで、これ以後、改められ、少しでもよりよい世の中になれば・・ともおもうのだけど。。
まだまだ、闇に隠れた部分はたくさんあるのかもしれないな、なんて考えると、ちょっと悲観的にもなってしまう。

「真」は、「真理」の真でもある。
「真理」といえば、池田さんを思い出す。
耐震偽装も、食品偽装も、現代の物質至上主義の成れの果。
今一度、ほんとうに大切なものはなにか、「真理」を追求することが必要なのかもしれない。
池田さんの本には、それを考えるヒントがたくさん書かれているようにおもいます。
自分自身、今年は池田さんの作品と出会って、何冊か読んだりしました。
読んで考えて、こうありたいとおもって・・・でも、実際に、日常の中で実践していくことは、なかなか難しいこともたくさんありますが。。
欲やいやな感情に流されることも多い、弱い自分。。
でも、少しずつでも・・・努力していくことが大切なのでしょうね。

来年ははたして、どういう年になるのか。
来年の今頃、今年よりはマシな漢字が選ばれることを願って。。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

追悼ジョン・レノン [ニュースより]

日本時間の今日(米国時間では昨日8日)はジョン・レノンの命日。
ちょうど、2年前のこの日にも、ここにジョンのことを書いています。
2年前といえば、ジョンがなくなってから25年。
4半世紀ということで、ニュースでもよく取り上げられていました。
今年はテレビではあまり目にしなかったような・・
でも、ネットであちこちみていたら、ジョンのことが映画になってること
初めて知りました。

こちら映画「PEACE BED アメリカVSジョン・レノン」公式HP↓

http://www.peacebed-johnlennon.com/

こちらにアクセスすると、Wish Treeに、メッセージを書き込むことができます。
私も、ついさっき、書き込んできました。
メッセージの内容は秘密ですが・・・
書き込まれたメッセージは、レイキャビクにあるPeace Towerに送られて
永久に保存されるそうです。
みなさんも、なにか願いを書き込みされてみてはいかがですか。

このtrailer(予告編)の中で、オノ・ヨーコが語っている言葉が印象的です。

I suppose they tried to kill John.
But they couldn't.
Because his message is still alive.

ジョンを殺そうとしても、彼らは殺せなかった。メッセージは生きているから。

英文の細かなところにもしかしたら間違いがあるかもしれませんが
おそらくヨーコはこのように言っているのでは・・・とおもわれます。

ジョンは、凶弾に倒れたけれど、彼のメッセージは
27年過ぎた今もなお、多くの人々の中で生きています。
ヨーコの言葉そのままに。
メッセージは生きている。
でも、やはりジョンには生きていてほしかった。。

それにしても、感銘を受けた人の多くがなんと早くに亡くなってしまうことか。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。