So-net無料ブログ作成

父のお墓参り [日々のできごと]

8月17日父の一周忌もすぎ、晴香の10年目の命日もすぎて、
気がつけば今年も、もうあと1か月とちょっと。
1日はそれなりにいろいろなことがあるのですが、
1週間、1か月とすぎてみると、なんだかあっという間に
過ぎ去ったような感じがします、このところは特にまた。

父が亡くなってからまだ1年とちょっと、
一番身近にいつもいっしょにいた母にとっては、
もっと複雑で、いろいろ思い悩む1年だったのかもしれません。
膝の手術も成功して、痛みもほとんどなくなり、
体が徐々に元気になってきたのとは裏腹に、
心のほうはまだまだ元気にはなりきれないようです。
外に出しきれない、なんともいえない淋しさがあるのではないかなと、
母を見ていて、そんなことも感じられてくる。

実家には車で30分ほどで行けるので、
なるべくちょくちょく顔を出すようにしている。
母娘で、ときどき父の想い出話をしながら、
あれこれおしゃべりすれば、母も気が紛れるだろうから。

そう、悲しさや淋しさは、時間がたってもそうそうなくなるものじゃないから、
かといって、じっと悲しみの中に浸っていては気持ちも塞がるばかりだから、
なにかで気を紛らわせるしかないんですよね。
私もそうだったから。

先日、実家に行った折、父のお墓まいりをしてきました。
命日でもお盆でもお彼岸でもなかったけれど。
なかなかそういう日にぴったり合わせていくことができなかったら、
この日は何でもない日だったけれど、ただなんとなく。

墓地のまえにある大龍寺のドウダンツツジが赤く紅葉していました。

d.doudan.jpg

今年はちょっと赤がくすんでいるよう。
例年はもう少し赤が鮮やかなのだと、母は話していました。
市内でみかけるあちこちの街路樹も、
高山に向かうせせらぎ街道沿いの紅葉も、
今年は、赤くなる前に葉が枯れてしまったりと、
今一つなようです。あまりにもこの夏が暑過ぎたせいなのでしょうか。
来年もし、もっと鮮やかな赤に紅葉していたら、
お寺のお庭のつつじ、拝観させてもらうことにしましょう。

周辺の山の紅葉、お寺の周囲一面のドウダンツツジ、
そして墓地の背後には、如来像もいらっしゃる、
父は綺麗な景色に囲まれた静かなところで眠っています。

10年がすぎ、晴香の納骨もそろそろ考えたほうがいいのかな。
こちらは、父とはちがい、ちょっと離れた山の方になるのでそんなに気軽には
行けなくなってしまうのだけど。。
十三回忌は再来年、十七回忌となるとさらにまたその4年後ということ。
さて、どうしようか。



nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 4

野球少年のママ

本来、コメントではないのでしょう。
でも、涙で胸がいっぱいになったので、書かせていただきました。

私はシングルマザーですが、中2の娘と小6の息子がいます。

9月より息子の大脳基底核の腫瘍の手術、抗がん剤、放射線治療で、長い入院中です。

朝の嘔吐と頭痛は、入院する前よりひどくなっているような気がします…

きっと… はるママさんのお気持ちも、こんな感じだったのかな…と
涙が溢れて止まりません。

生きていく

そこには、多くの思いが足されていきますね…
by 野球少年のママ (2013-11-29 14:04) 

はるママ

野球少年のママさん
コメント残してくださって、ありがとうございます。

息子さん、長い入院生活、苦しい治療の連続、つらいですね。
お母さまがどんなお気持ちでいらっしゃるのか、
かつての自分の経験と重なり、いろいろなおもいが甦ります。
考えていると10年経ったいまでも、涙がこぼれてきます。

>生きていく

>そこには、多くの思いが足されていきますね…


人が生まれてくるのは、いろいろな経験をするため、
と、どなたかが書いていらっしゃいましたが、
人は、生まれたときから、苦しみも悲しみもあじわうことを、
宿命づけられているということなのでしょう。

とはいえ、わが子が病気で苦しむ姿を眼の前にし続けるということは
親にとってはこの上なくつらいこと。
そんな経験をすると、それまで感じたことのないような
激しい感情が次々と湧きあがってきて、
どこにもぶつけることができず、本当につらくて苦しいもの、
なんでまじめに生きてきたわが子が・・と
理不尽におもわれ、現実が受け入れられずまた悩んでしまう・・

かつて自分があじわったそんな思い、
ママさんも、今同じようなお気持ちでいらっしゃるのでしょうか。


どうか、息子さんの治療がうまくいきますように。、
そして、ママさんも息子さんも
心穏やかにお過ごしになられる日がはやく訪れますように。。
by はるママ (2013-12-01 01:32) 

野球少年のママ

はるママさん
コメントをありがとうございます。
読みながら、涙が溢れて止まりませんでした。
本当にありがとうございます。

しっかりしろ!と自分に言い聞かせても…
体調の悪いわが子を励まし、看護の後に家に帰ると…
メソメソ母になってしまいます。

明日、明後日の2日間、全身の検査があります。
今日も吐き気と嘔吐でずっと辛そうで…
息子の背中、頭を撫でるだけしかできませんでした…
そんな状態でMRIに入れるのだろうか…
泣いても結果は変わることはないのに…
検査結果を聞くのが怖くて震えがくるほどです…

でも、だめだめ
がんばらなきゃ・・・・ですね。

本当に、コメントありがとうございました。
はるママさんのブログ 楽しみにしています。
無理なき範囲で、よろしくお願いしMASU.
by 野球少年のママ (2013-12-01 21:59) 

はるママ

野球少年のママさん、

今のお姿は、娘が闘病中だった11年ほど前の私の姿そのものです。
高熱で震え続ける娘に対して、熱を下げてあげることができず、
ただ体をさすり祈ることしかできなかった自分、

医師から病状の説明を聞くたびに、最後はぼろぼろに泣いて
しまっていた自分、

子どもたちの前では何気なく振舞っていても、
ひとりになると、何度も泣いてしまっていた自分、

愛しいわが子が、大変な状態なのですから、
悲しくないわけがありません。
不安にならないわけがありません。
どうかご自分を責めないでくださいね。

検査や治療はつらいものが多いですね。
晴香もMRI検査のときには、体調がよくなかったこともあり、
点滴にお薬を入れてもらい、眠っている間に検査をしてもらいました。
放射線治療のことは、HPやブログにも書いているとおもいますが、
担当の先生方と協力し合って、なんとか乗り切りました。

大変なことが多いと思いますが、
少しでも息子さんの治療や検査がうまく、また楽にできるように、
考えてもらえるといいですね。


このブログは、更新頻度は極めて低いですが、
とりあえず、当面はまだこのまま続けていこうとおもっています。
記事もなにか書きとめたいとおもったときに、
コメントの返信も遅れがちで申し訳ないですが、またよかったらご訪問くださいね。


by はるママ (2013-12-02 22:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。