So-net無料ブログ作成

25歳の誕生日 [思うこと]

前回から2ヶ月も過ぎてしまいました。
その間、新しい年が明け、母の2回の手術も終わりすでに退院、
先月の13日は、沙織の成人式、
そして同じく27日は、晴香の25歳の誕生日でした。

いろいろなことがあって、ありすぎて、
無理をしすぎたせいか、体調も少しおもわしくなかったこの2ヶ月でした。
夜になると疲れてしまい、パソコンを開いてみるものの
なかなか記事を書いたり、コメントをしたりなどする気になれませんでした。
ここ数日、少しずつ体調が戻ってきたようで、久しぶりにこうやって呟いている次第。

ブログ書こうとおもいつつ書けないでいたのですが・・
先月の27日、晴香の25歳の誕生日は、
発病して初めて中学校を休んだときから、ちょうど10年目、
小さい頃病気がちで弱かった晴香でしたが、
中学に入ってからはあまり病気をしなくなり、その日まで一日も休むことなく学校に通っていたのでした。
それだけに、初めて休んでしまったその日、とても残念がっていたことを今でもよく覚えています。

病院に入院し、手術したのは、その少しあと、
2月に入ってからでした。
そのころに病院で撮った写真は、今でも御仏壇の前に置いてあります。
普段毎日じっくりと見るわけではないけれど、ちょうど10年になる今年の誕生日には、
手にとって、暫くの間見入ってしまいました。

byouinnite.jpg

東京や大阪からわざわざお見舞いに来てくれた親戚のみなさんが、
ポラロイドカメラで撮ってくれた写真。
家族4人の写真、従姉妹たちといっしょの写真など、
写真を見ていると、当時のことがまざまざと甦ってくるものですね。

沙織もまだ当時10歳、従姉妹のみんなもまだ小中学生くらい。
小さかったけれど、今ではみんな大きくなって、
10年と言う時間の流れを感じさせられます。
大人の私たちも、年を取ったものだとしみじみ。

あのときいた晴香が今はいない、という淋しさももちろん感じさせられるのだけど、
それだけでなく、10年という時間が、
確実に何かを変えていっているのだなあということ、
それは私たちも含む生きているものの形であったり、
またひとりひとりの環境や生き方でもあったり、
そして、人の心のうちでもあったり・・・
うまくいえないけれど、たしかに10年の歳月はいろいろなものを変えていく
大きな力をもっているものなのだなあということ、
写真を見ながら、なんとなくそんなことも感じさせられてくるのでした。

006.JPG

25歳の晴香、
どんな女性になっていたのかな。
相変わらず思い浮かべることは難しいけれど・・
記憶の中の幼い晴香、15歳の晴香、
ときどき夢にでてくる晴香・・
現実世界では出逢うことはできないけれど、
心の中や夢の中の晴香は、明るく笑っていてくれる。
そんな晴香には、明るいメロディーと、
ギターとチェレスタのやさしい音色がとっても素敵な、『夢路より』が似合うかな。

『夢路より』 フォスター作曲


前回と同じくぴあんの部屋さんからお借りしました。ありがとうございます^^


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 4

あきおパパ

はるままさん、こんばんは。
晴香さんの25歳の誕生日、おめでとうございます。
もし生きていらしたら、温かい家族に囲まれた晴香さんは、きっと優しい素敵な女性になっていたはずですよ。

10年の歳月は、悲しみを和らげてくれるのですね。
ずっと悲しんでいたら、天国の晴香さんも困っちゃうでしょうから、それはそれでよい事なのだと思います。

夢の中の晴香さんが明るい笑顔でよかったです。
きっと天国の晴香さんも喜んでいらっしゃることでしょう。
ではまた。



by あきおパパ (2013-02-21 01:06) 

はるママ

あきおパパさん、こんにちは。
あたたかなコメントありがとうございます。

10年という歳月はやはり大きいですね。
最初の頃はとくに、晴香のことを思い出せば涙がこぼれ、
胸が搔き毟られるような激しい悲しみに襲われたものでした。
今でも哀しみや淋しさがなくなったわけではないし、
涙がこぼれることもあるのですが、
以前のような激しい苦しみを伴うことはなくなったようです。
永遠に続くとおもわれるような苦しい感情や、呼吸をするのもつらいほどの
激しい感情も、変わっていくものなのですね。

気持ちが穏やかになってくると、諸々のことへの執着も薄れてくるようです。
それは想い出の物へのこだわりであったり・・
納骨についてもなかなかおもいきれずにずっと仏壇の脇においたままになっているのですが、そろそろ考えてみようかなという心境になっています。

by はるママ (2013-02-23 12:13) 

ゆいママ

はるママさん、こんばんは。

晴香ちゃん、25歳のお誕生日おめでとうございます。
綺麗なお花を飾ってもらい、晴香ちゃんもきっと喜んで
いらしたと思いますよ。

うちの娘も、昨日が22歳の誕生日でした。
私も、花とケーキを供えてお祝いしました。

命日と誕生日の前後は、毎年ですが気持ちが沈んで
しまい、なかなか平常心に戻るのが難しいです。
だから、はるママさんが体調をくずせれたりするのは
仕方ないと思います。そんな時は無理せず、気持ちが
回復するのをゆっくり待つしかありませんよね。

10年という歳月は、やはり長いですね。
周りの環境が変わるというのも、よくわかります。
まだ、数年しか経っていない我が家でも少しずつ
変わっているのですから。
そのひとつが、下の娘が亡くなった娘の歳をもう少しで
越えようとしています。親としては、少し複雑な気持ち
ですが・・・
by ゆいママ (2013-02-23 22:10) 

はるママ

ゆいママさん、こんにちは。
ブログへのご訪問、そして優しい言葉をかけてくださってどうもありがとうございました。

ゆいママさんのお嬢さんも誕生日を迎えられたのですね。
22歳のお誕生日おめでとうございます。

命日や誕生日の前になると、複雑な思いに駆られ、気持ちは揺れますよね。
命日の前だと、どうしても当時のつらい記憶が甦ってくるし、誕生日の前だと、生きていたら。。歳になったのだなぁ、どんな娘になっていたのかな。
と想像をめぐらすことになるし、そうすると、現実にいないことがたまらなく淋しくなってくるし・・
私も、今でこそは比較的穏やかな気持ちでその日を迎えることができるようになったのですが、始めのころはやはり心が乱れ平常心ではいられなかったです。

下の娘が上の子の年を越すこと・・
私も同じく、複雑な気持ちでした。
その時が来るのが、少し怖いような、
越してほしくないような、反対に早く越してほしいような。
ほんとうにとても複雑な気持ちだったのですが、
いざ越してしまってからは、少し気持ちが楽になったような気がします。

やはり年月というものは大きいですね。
ゆいママさんのお気持ちも、時とともに、どうか少しずつでも穏やかになっていかれますように。

by はるママ (2013-02-24 16:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。