So-net無料ブログ作成
検索選択

出会いの奇跡~「暮らしの哲学」より [池田晶子]

前回に引き続いて、池田さんの作品『暮らしの哲学』より。
池田さんの最後の一年を綴ったエッセイ。
そのためなのだろうか。
これまで読んできた池田さんの作品とは、がらりと趣が変わって感じられる。
なかでは、四季折々の生活の中で池田さんが感じたことやおもいが
情感豊かに語られている。

最初の章の『春に思う「この感じ」』や
夏休みは輝く』は季節感たっぷり。
また、過ぎ去った子供時代をおもい懐かしさと
切なさがこみ上げてくるよう。

愛犬との別れを綴った『「彼」と出会えた奇跡』や
『あなたの親は親ではない』
は、出会いの奇跡について改めて考えさせられる。

『「彼」と出会えた奇跡』より
*************************************
ひとつの命の誕生から死亡までを見届けるというのは、しかも深く愛していたその者を見送るというのは、やはり悲しいものだなあ。だから、子供に先に逝かれたしまった人の悲しみがどれほどのものか、これは思うにあまりあります。・・・・・・・でも、そうやって悲しんでいるうちに、気持ちに少しずつ変化が生じてくるのが感じられるようになる。
出会えたということだけで、素晴らしいことだったじゃないか。・・・・・
なるほど彼とはもう二度と会えない(のかもしれない)、それはとても悲しい。しかし会えたということは、会えなかったのかもしれないのに会えたということなのだから、これは奇跡的なことじゃないか、素晴らしいことじゃないか。
そうして、出会えた彼と、出会えた縁への感謝に似た気持ちが悲しみに代わるようになったころ、同時に、彼は死んだけれども、いなくなったわけじゃないという深い確信も訪れていました。・・・・・・・・・・・
************************************

そして、この、「死んだけれどもいなくなったわけではない」という言表が、正確にはなにを言っているのかはわからないが、霊とかお化けとかそんなものとして存在していると言う意味ではなく
そうではなくて、全部がつながっているという感じであって、何かのご縁で出会えたのだからそのご縁のままにつながっているじゃないかとも。

私がこの4年間、移り変わってきた気持ちと
池田さんが愛犬を亡くして以来感じてこられたおもいとが
重なります。
大切な人やものを亡くして悲しむ気持ち
そして、その後に感じるおもい
亡くしたものが違っても、そのおもいに違いはないということなのでしょう。

そして、このことは人間同士のあらゆる関係においても言えることであり、
人と人との出会いは、本当に奇跡的なことなのだ
これは親子の間であっても例外ではないのだとも。
『あなたの親は親ではない』では、おもに親子の出会いの奇跡について書かれている。
親も子も、無辺際の宇宙の中で、たまたま出会ったのであって、
その出会いはまさに奇跡
つかの間の時間を過ごし、そしていつかどこかへと別れていく
いずれみな、宇宙の旅人なのだと。

こんな風に考えながら子どもと接してみると
わが子が今までとは違ったようにもみえてくるから不思議。
池田さんもいってるように、こんな感じ方をしていたら、親子関係ももっと味わい深いものになるのかもしれませんね。

暮らしの哲学

暮らしの哲学


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 4

E・G

こんばんは。
池田さんの2冊、読了されたのですね。
ぼくは、あちこち読み散らかしています。
いまは「新・考えるヒント」も読んでいるところです。
この本は小林秀雄へのラブ・レターといってもいいですね^^
以前どこかで池田さんが、わたしだって燃えるような恋がしたい、と書いてあるのを見て、オヤと思ったりほほ笑ましく思ったりしましたが、やはり池田さんは情熱の人でもあるなと思いました。

さて、「暮らしの哲学」の中の引用された部分、読んでいて、これははるママさんの眼をひきつけたろうな、と思っていたら、やはりでしたね^^
この本を池田さんが残してくれてほんとうに良かったなと思います。
情緒に流れやすい自分の性格もまったく捨てることもなさそうだなと(笑)
by E・G (2007-12-02 19:09) 

はるママ

こんばんは。
E・Gさん、私の心の中をお見通しのようでしたね(笑)
実は、似たような記述がされた部分、いろいろなところで
これまでにも目にしていました。
ちょっと前に読んだ「人生のほんとう」にもありましたし。。
でも、この本のなかでは、愛犬を亡くすという
自身の実体験にもとづいて書かれていたせいか
以前読んだとき以上に、心に響くものがありました。
それで、思わずここに書かずにいられない気持ちになりました。

「暮らしの哲学」には、私もやはり、今までになく情緒的なものを感じました。
家族、子供時代、自然・・・・
池田さん流の論理のなかに、諸々に対する慈しみが織り交ざり
読みながらなにか心地よさのようなものを感じました。
この本を読んで、これまで以上に池田さんのファンになりました。

次は、何を読もうかと思案中です。
「人間自身 考えることに終わりなく」を読もうかともおもってますが。。
また、お薦めの本がありましたら、教えてくださいね。
by はるママ (2007-12-04 21:17) 

totoko

はるママさん、おはようございます。

いろいろご迷惑をおかけてしまい申し訳ありませんでした。
やはり、こちらに、また、コメントをさせてくださいね。

長かった6月が終わり、7月を迎えホッとしています。
6月の後半ごろ、池田さんの著書を読みたい気持ちになり、いちばん、池田さんを身近に感じた「暮らしの哲学」を選びました。

春の章の「たまたま」のわたしの人生。
前回、読んだ時は、心に残らなかったのですが、今回は、「たまたまのわたしの人生」の章が、私の中にストンと入ってきました。

「たまたま」のわたしの人生であると考えると、人は広い世界へでられると。息子に先立たれた私の人生を「たまたま」と考えることは、
難しいことではありますが、また違う世界へ私を導いてくれるように思いました。

池田さんの本を読んでいたためか、命日は、息子への感謝の気持ちで目覚める事ができました。

また、池田さんの著書の事をはるママさんとお話できれば嬉しいです。
by totoko (2016-07-03 04:53) 

はるママ

totokoさん、こんにちは。
コメントありがとうございます^^

命日が近づくと、つらい記憶がリアルに蘇ってきて心が揺れますね。
でも命日の朝を、息子さんへの感謝の気持ちで迎えられたとのこと、
totokoさんの中で、何かが少し変わってこられたのかもしれませんね。

「暮らしの哲学」、再読されたのですね。
これは、池田さんの作品の中でも最もお気に入りの一冊で、
私もときどき読み返したりしています。
普段、世の常識にどっぷり浸かっていると、見えなくなっていることも、
池田さんの言葉に接することで、
考え方のベクトルをちょっと修正してやったり、
いろいろなことにとらわれてもやっとしている気持ちが和らいだりします。

>息子に先立たれた私の人生を「たまたま」と考えることは、
難しいことではありますが

私も、誰よりもまじめに生きてきた娘がどうしてこのようなことになったのか、その不条理さにどうしても納得がいかず、
自分たちの運命というものを、長い間受け入れることができませんでした。
なぜ?という問いがずっと心の中にあって、
それで、本の中にその答えを求め、いろいろな作品を読み続けていたように思います。
その時に出会ったのが池田さんの作品です。

totokoさんも、きっと同じような想いがあるのではないでしょうか。
池田さんの著作のこと、あるいはそれ以外のことでも
またいつでもお話にいらしてくださいね。










by はるママ (2016-07-06 10:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。